看護師と転職サイトの評判や口コミ

しばらくのブランクを経ての就職や転職をお考えの方へ。
せっかく資格を活かして働くわけですから、
少しでも条件のいい働きやすい職場を探してみませんか?



【私の体験談♪~キャリアを活かして働きたい~】

学生の頃、看護師という職業は常に仕事先が溢れていて、
いつでも転職・復職ができるし、お給料も他の仕事より良いからという理由で
看護師を目指し、資格を取得する方も少なくないと思います。

そして、実際に現場で働くようになり1年1年キャリアを積んで、
めまぐるしく動く医療界の現実を目の当たりにしていくなかで、
“万が一、現場を離れてブランクが長くなってしまった場合、
再び現場に戻ってくるのは無理かもしれない”という不安を持ちながらも、
結婚・出産を機に退職をしていくということも多いのではないでしょうか。


そんな不安から、退職したその時は
「今後看護師として復職することはおそらくもうないだろう」と思って
辞めていくのではないかと思います。 また、学校を卒業した後には医療現場とは全く関係のない仕事をしていたけれど、
生活していくうちに、離婚よってシングルマザーとなってしまったり、
結婚生活のなかで離婚を意識し始めたり、
旦那様の収入減やリストラなどがきっかけとなって仕事探しをした結果など
様々な志望動機によって、看護師資格の取得を決意し、
30代~40代で看護師への転職を志す方も最近では多くなってきているようです。


私が看護学生だった頃にも、実習などに出ると
30~40代の学生さんを何人か見かけることがありました。
社会人から資格取得を目指すことも、
さまざまな不安や悩みがついて回ることは容易に想像できますが、
年齢が高くなってから新たな道に挑戦するというエネルギーがある分、
そういった方たちは困難に対する意欲や現場でのストレスに対応する覚悟も
相当に強いのではないかと思います。

面接や志望動機!企業や病院以外

一方で、20代で寿退社となり現場経験が浅い状態で
ブランクが空いてしまった方で、子どもの手が離れ、
子育てがひと段落したといったきっかけ等で、
現場復帰を考え始めたとき、やはり離職前の経験の浅さや、
長く現場を離れたことによって知識面についていけないのではないか、
技術面の勘を忘れているのではないかといったことに悩み、
復帰に躊躇するという話をよく耳にします。

それが、40代、50代とブランクが長くなれば長くなるほど、
年齢に対する人間関係の心配や、
全く変わっているであろう現場についていけるのかとその悩みや不安は
強くなっていくのではないかと思います。

現在は、現場を離れている潜在看護師が増加しているということで、
看護協会や各病院内でも復職プログラムを組み技術の訓練をさせてくれるといった
サポートも充実してきている時代です。


不安を抱えたまま現場に出て、実際に患者さんを相手に処置を行うことで
ストレスにもつながります。
まず納得のいくまで模型などで
練習ができたらそれだけで自信もつきますし、
勘も戻って安心して仕事ができそうですよね。

復職を考え始めたら、そういったプログラムに参加することや、
しっかりサポートをしてもらえる病院を選ぶということも大切かもしれません。
また、看護師という資格の強みとして、さまざまな診療科で、
クリニックや個人病院、大きな病院、健診、保育園、
病院以外の企業など働ける環境や選択肢も多いので、
自分に合った興味を持てる分野を選択することができるというメリットもあります。

職場を探す際に重要なのが面接対策です。
面接では必ず志望動機が聞かれます。
また、その内容が採用の可否を決定付ける要素であるとも言われています。
無料で利用できる就職や転職サイトでは、
担当のコンサルタントが親身になって相談に乗ってくれます。
働きたい企業や病院の特徴などを把握していることもあって、
適切なアドバイスをしてくれると評判の高い求人サイトもあり。
そういったサービスを有効活用して、働きやすい職場を見つけてみてはいかがでしょうか。

日勤と病院以外

どうしても夜勤が働けないという方もいます。
看護師だからと言って、絶対に夜間働かなければいけないわけでもありません。
将来のキャリアアップには必要と考えられる部分でもありますが、
そういったことを望まないのでしたら、日勤のみの仕事を探すのも良いでしょう。

ただし、日勤のみの仕事を探す時ですが、
総合病院や大学病院、一般病院は基本的に病棟があります。
病棟があるということは、夜勤というものが発生するわけなので
候補から外れてしまいます。

そこで候補に挙がってくるのが、病院以外の職場です。
例えば、訪問看護ステーションがあります。
各ご家庭に訪問して看護を行いますが、
深夜に訪問することはありませんので昼間のみの仕事になります。

さらに、老人介護施設などで働くケースも日勤のみが多いです。
また、学校の保健室などに努める方も夜の時間帯は基本的にありません。
そして、入院設備のないクリニックについても夜勤が発生しません。

日中の時間帯のみで働きたかったら、
病院以外の職場を狙うのがおすすめです。
そういった求人もたくさん掲載されています。
ただ、これは仕方のないことではありますが、
夜勤で働かないとなるとお給料も少なくなりますので、
その点はマイナスになります。
夜勤手当がないと給料がグっと下がってしまうことも否めません。
手当は1回当たり数千円出ます。
その差は、年収ベースで考えると大きな数字になります。
子育て中で仕事復帰したい方にとって
時間はお金に変えられないという方もたくさんいらっしゃると思います。
それぞれ条件に見合った働きやすい職場を見つけるのがベストですね。



求人募集の探し方と年齢制限

結婚や出産・子育てがひと段落し、ブランクを経て職場復帰したいとお考えの方も多いことでしょう。資格さえあればいつでも復職できるのが強みでもありますが、目まぐるしく変わる医療現場に対応できるのかどうか不安に感じる方も少なくありません。

断捨離っていう言葉を耳にする機会が多いです。実践してみたことはなかったのですが、ガラクタの多い我が家なのでちょっぴり興味はありました。まずはネットで色々調べてみて本も買ってきて、それらの情報を参考に処分してみることにしました。身の周りが綺麗になると気持ちも晴れるし今まで悩んでいた人間関係も円滑になったように思います。