【サイト内検索】

アナフィラキシーショック 対応 看護≪マニュアル≫


「アナフィラキシーショック」という言葉は、
医療従事者以外の方にとっても最近になって耳にしたことのある、
記憶に新しいキーワードなのではないかと思います。

アナフィラキシー反応とは、狭義にはIgE抗体を介した
I型アレルギー反応機序により発現する重症の全身性反応を指します。

何らかの原因物質によってアレルギーを起こし、
アナフィラキシー反応が発現すると、蕁麻疹や血管浮腫などの皮膚症状や、
喘鳴・呼吸困難といった呼吸器症状、さらには循環器、
消化器と複数の臓器にわたって重篤な症状が見られることが特徴となっています。

診断や対応が遅かったり、反応が強く発現した場合にはショック状態となり
「アナフィラキシーショック」となってしまうのです。

アナフィラキシー反応を起こす原因物質は、抗生物質や、筋弛緩薬、局所麻酔薬、
ワクチンなどに代表される治療薬剤に含まれており、
さらに異種蛋白、食物の中にも存在しています。

病院の中では、実に様々な薬剤を使用しますし、
緊急で運び込まれた為に情報が少ない状態で薬剤を使用したことによる
アナフィラキシー反応を経験することも少なくなく、
看護師としてはそういった場合にいかに早期、初期の段階で変化に気づくことができるのか、
薬剤投与中の看護に留意が必要となってくると思います。

また、近年では小児の食物アレルギーが増加傾向にあることも一因となり、
学校などで給食の調理過程の管理不足が原因の、
子どものアナフィラキシー発作が起こったというニュースを
耳にしたこともあるのではないかと思います。

ちなみに、ハチに刺されてショック状態になったという事例も
よく聞くのではないかと思いますが、
これも実は蜂毒によるアナフィラキシー反応が起きている状態なのです。

そして、ショックという状態は生体の循環調節系が最大限に反応しても、
臓器・組織の機能や構造を維持するために必要な酸素と
エネルギー基質の供給が破たんした、急性循環不全の病態をいいます。

ショックが遷延した場合には、重要臓器の機能障害が起こり、
最悪の場合死に至る恐れもあるのです。

たとえ、たった少しの量の食物を摂取してしまった場合でも、
それが原因でアナフィラキシー反応を起こしてしまい、
対応が遅れてしまえばショック状態に陥りそのまま死んでしまう可能性もあります。

このため、本人はもちろん周囲もアレルゲンに対して十分な注意を払う必要があり、
万が一アナフィラキシーが起こった場合の対応方法についても熟知しておかなくてはなりません。

エピペンのトレーニング用品や勉強会

また、アレルギーの原因物質が異なっている場合でも、
臨床症状はほとんど共通となっています。

アナフィラキシー反応が起こった時には、
各症状の出現が短いほど窒息やショックなどの重篤致死的経過をとる場合が多いため、
口腔内の違和感や唇のしびれ、皮膚の掻痒感などの前駆症状、
初期症状が発現した段階で早急に診断し、対応することが重要となります。

病院やアレルギー疾患児がいる保育施設、学校などでは、
アナフィラキシーショックが起こった際の対応や、取るべき行動などについてマニュアル化されていることも多く、
従事者は必ずそのマニュアルの確認、習得が必須となるでしょう。

また、アナフィラキシー反応が起こった場合に医師の治療を受けるまでの応急処置として、
症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤である
「エピペン」という自己注射薬があります。

この薬は医療従事者のみでなく誰でも使用することができるので、
アレルギーを持つ患者が生活する場所には常備されていることも多く、
最近では保育士や教職員に向けたエピペンのトレーニング用品が貸し出されていたり、
勉強会なども開かれているようです。

このアナフィラキシー反応は病院の中だけの話では決してなく、
いつどこで遭遇するかわからない極めて緊急性の高い事態ですので、
一人でも多くの方がこの知識を身につけておくことで、
いつか必ず役に立つ機会があるのではないかと思います。