【サイト内検索】

デイケア 看護師 仕事内容≪配置基準や役割≫


デイケアとは、心身に障害のある在宅療養者を対象に、
専門の指導員によるリハビリテーションを中心としたケアを行うことで、
社会復帰や入院予防につなげることを主な目的として提供されているサービスです。

同じようなサービス提供の形としてデイサービスもあり、
デイケアと混同されがちであるのですが、こちらは日常生活の介助や、
軽い運動・レクリエーションの提供が中心となるため、
医療的な介入が少ないことが特徴であるといえます。

デイケアには精神科と老人の分野があるのですが、
近年の求人数の傾向としては、高齢化が進む中で需要が高まっていることもあり、
年々老人のデイケアの求人件数が増加しているようです。

デイケアの勤務形態は、平日の日勤帯のみであることが多く、
家庭での時間も大切にしたいと考えている看護師の方々や、
子育て中など夜勤が難しいと考えている看護師の方々から人気の高い求人となっているようです。

主な仕事内容としては、利用者の送迎に始まり施設利用中の健康管理、
バイタルチェック、状態観察や緊急時の対応などがあり、
看護師としての目線での観察や配慮を行うことがデイケアにおいて
看護師に求められている役割であるといえるのではないかと思います。

デイサービスの求人

また、デイサービスで主に行われている入浴介助、昼食準備・介助、
レクリエーションですが、近年ではデイケアでも行われる施設が増えてきているようで、
それらの介助が必要な施設ではそれも仕事内容となってきます。

デイケアにおける正看護師・准看護師の配置基準は、
利用者10人に対して1人となっているので、
求人数が多いと言っても一施設あたりの採用人数は少ないので、
希望の施設を見つけ、希望通りそこで働くためには看護師専門の転職サイトなどを活用した方が、
その実現はより確実となるのではないかと思います。

デイケアでの仕事は、病院業務と比べると日々行う看護技術のレベルがグンと下がりますし、
その施設の中で看護師が自分一人、介護職員やケアマネージャーとの連携、
介護施設のシステムについてなど、不安に思うことややり辛いと感じることも多々あるようですが、
病院やクリニック以外の保育園や企業などの職場では、
こういった問題は必ず付きまとうものであると思います。

どんな仕事でも、やり続けて行く中で上手く付き合っていく方法や折り合いの付け方、
その職場でのやりがいなどを感じられるようになるものだと思いますので、
興味のある方は是非いろいろと情報を集めて選択の一つとしてみてはいかがでしょうか。