【サイト内検索】

ドクターハラスメントとは?患者と医師の関係


現在の医療で求められること。
それは、病院の診療の一切を預かる医師と専門性高い各医療スタッフが力を併せて一人の患者さん、一つの疾患に対して治癒回復、安全安楽を提供できるよう尽力することです。

納得いく治療を受けたい患者さん 医師の威圧と勝手な治療進行

多くのスタッフが一人の患者さんに関わるため、様々な考えや方針があって当然ですが、話し合い、最良の方法を選択出来ることを求められています。
また、その方針に対して、その治療、支援をいける患者さんが納得し、理解してこそ、患者さん満足度高い、患者さん主体の医療提供が出来るということです。

「ドクターハラスメント」「ドクハラ」という言葉を聞いたことがありますか?
患者さんは、選択肢を与えられ、納得いく診療と治療を望んでいます。
しかし、それを阻害するのがドクターハラスメントです。

略語

ドクハラ

意味

医師の言動や態度、行動、雰囲気により患者さんは不快な思いをすること、患者さんに対する言葉や行動による嫌がらせのことを言います。
患者さんに対する何気ない一言、強い口調や暴言、ため息、威圧的態度、説明をしないなど、患者さんの気持ちや思いを無視した行動も含みます。
医師-患者間の信頼関係の失墜、医師-コメディカルスタッフ間の関係性の崩壊、惹いては病院の評判にも関わります。

原因

  • 医師の「自分はすごい人間」という思い
  • 「診察してあげている」という上から目線
  • 「患者さんは無知だ」という認識
  • 自分は絶対的存在と言う医師の認識
  • 患者側の権利や尊厳の主張を圧する医師の姿勢
  • 医療の不透明感、不信感の高まり

内容

  • 飲んでいる薬の内容が分からない、説明が無い
  • 診察、治療の説明を求めると、曖昧、ため息をつく、「言った通りにしてください」との返答
  • 「ただの風邪」「大げさな」「(質問に対して)もういいですか」などと暴言を吐く
  • 十分な説明なく、診療を終了する
  • 淡々としていて質問や問いかけをしにくい雰囲気
  • 説明に対しショックが強く、PTSDに陥らせてしまう
  • データのみの説明で、診療が理解できない

患者要因

  • 患者の性格:はっきりしたい人には「スッキリした」と感じられる説明も、現実をあまり直視したくない患者からしたら「辛い」
  • 「悲しみにくれる」と言った状況にある場合もある。
  • 患者との信頼関係:長く付き合っている医師に言われて納得いく説明が、同じ言葉を用いて説明した初対面の医師の言うことには辛さを感じるなど、信頼関係により左右される場合がある。

実際の事例

  • 手術患者の骨髄液を無断採取し、あの患者に使用しようとした
  • 説明を求めた患者に対し、憤慨し声を荒げた
  • 高齢者に対し「あんた何歳まで生きるつもり」との暴言

これまでに、医療訴訟となったケースもあります。
しかし、病院側は、このようなケースに対し「モンスターペイシェント」として取り合わないケースもあります。

種類

  • 人間失格型:患者を人としてみない。一つのケースとして扱い、もの同然の言葉により患者さんを傷つけ、精神的落ち込みを与える。また、自分の診断に従えないなら他へ行くようにと高圧的に対処しようとする。
  • スマッチ型:患者のおかれた状況を無視して、無意識に傷つけてしまう。手術前の患者に対して、「昔なら死んでたかもね」等と軽く言葉を発する。
  • 脅し型:「○○(治療など)しないと、死ぬよ」「従えないならどうなっても知りませんから」などと、突き離し、従うよう強要する。
  • ゼニゲバ型:病院利益重視で、高額な治療の選択を進め、他の治療選択をさせない。
  • セクハラ型:産婦人科や内科など、女性の患者に対してセクハラ発言をする、不必要に身体に触れる。
  • 告知型:「どうせ治らない」「もう無理ですね」など、本人や家族を絶望させる発言をする

患者の権利

リスボン宣言において、患者の権利は認められています。

  • 治療選択
  • 治療の自己決定
  • 尊厳・プラ-バシ-について
  • 情報公開、守秘義務について
  • 宗教的選択権
  • 健康教育を受ける権利など

これらの権利を発揮できるように医師は、説明と対話により患者の選択決定を引き出す必要があります。

私のドクハラ体験談

学生時代に、トレーニングマシーンから転落し、足の骨を骨折しました。
レントゲンを撮りましたが、はっきりせず「うち身」「ねんざ」と診断されました。

内出血し、晴れていましたが、松葉づえ等は話に上がりませんでした。
あまりに痛むし、普通に歩けそうにもなかったので「松葉づえ借りれませんか?」と聞くと、「骨折もしていないのに大げさな、松葉づえ用意してやって」と振り返って看護師さんに指示していました。

痛みが強いこともあって、その時はそれでも松葉づえを借りられると感じましたが、あとあと腹が立ちました。
後日、あまりに内出血が酷いので、他の病院へ受診すると「中足骨骨折」でギプス固定を行いました。

看護師ではなく、患者としての経験ですが、あの時のことは今考えても腑に落ちないですね。

現在では、患者の権利を掲げた病院の診療目標をよく目にするようになりました。
患者の権利主張は、個々の価値観や捉え方により、医師の言動や行動が善となり悪となる場合があります。
医療職者として、不快を与えないというスタンスはとても大切だと感じます。