【サイト内検索】

ホメオパシーの治療と効果≪治癒力を高め癒していく≫


ホメオパシーはドイツの医師であるハーネマンが確立させた療法で今から約200年前の話です。
さらに遡れば古代ギリシャのヒポクラテスが残した「同種の法則」が根源としてあります。

そのため、ホメオパシーはドイツ語ではなく、ギリシャ語であり「ホメオエ」と「パシー」に分けることができます。前者は同じ、後者は病気を意味し、「毒をもって毒を制す」という言葉があるように同じ効力のある物を体内に取り込んで癒していく類似療法です。

ハーネマンは症状の原因となるものを希釈して使用する手法で「超微量の法則」を考えだし、微量の原因を体内に取り込むことで有効性が高まると言われています。
つまり、ホメオパシーは医師などの他者の力を借りるのではなく、自分の中の治癒力を高めて癒していくという考え方です。

自然治癒能力に作用するレメディー

簡単に手に入るホメオパシー療法として砂糖玉があります。
これはハーネマンの考えを利用した物で極微量の原因を砂糖に溶かした物です。
この砂糖玉をレメディーといいます。
舌下で溶かして摂取が可能となっています。

元の物質の分子が解からなくなるほどに希釈しているため、赤ちゃんや妊婦でも使う事ができます。
また、レメディーが自然治癒能力に作用していると言われています。

個人によって作用は異なり、適合しなければ自然治癒能力に作用する事はありません。
他にも軟膏やクリーム、ゼリー状、錠剤、ドロップなどの場合もあります。
症状は同じでも個人によって体質は異なるために個人に合わせた治療薬が選ばれています。

研究の結果

ホメオパシーの研究は行われており、研究の結果、症状に対して効果的な治療の根拠は示されておりません。
ホメオパシー治療の場合、個別化されているだけでなく、多くの手段があるためにホメオパシー医の処方の統一性がない事も原因の一つとされています。

そのため、厚生労働省ではホメオパシーの原理を否定する事はありませんが、ホメオパシー療法を行うと同時に医療スタッフとの連携を求めています。
ホメオパシーの一部の施術者の中には、症状が一時的に悪化する「ホメオパシー悪化」を唱えている人がいますが、この内容に関する研究においても証拠はあまりみつけられておらず、研究自体ほとんどありません。

好転反応とは!身体や精神面への影響

レメディーによって自己治癒能力を高め、身体に溜まっている老廃物を排泄するための症状が出現することを好転反応と呼びます。
薬物などを服用し、症状を治める事は毒を体内に留める事になり、慢性的な症状を引き起こしてしまう場合もあるため注意が必要であると言われています。

また、好転反応は身体だけでなく精神面の影響もあり、心の老廃物を排出する事もあります。
過去の抑圧された感情であるイライラや落ち込み、怒りが現れることがあり、それが精神面の好転反応に当たります。
レメディーは自己治癒能力を触発するものであるが、個人差があり触発されない場合もあります。