【サイト内検索】

主任看護師の役割とは?給料とキャリアアップのための研修制度


主任看護師は、師長の補佐的な役割を持つ看護師です。病院の方針や個人が持つ能力で違いはありますが、看護師として10年程度の実務経験を経て抜擢されることが多いといわれています。キャリアアップを目指す人にとっては、看護部長や看護師長になるための第一歩となる役職です。

どんな役割があるの?

主任看護師は、上司である看護師長の補佐や一般看護師に病院や看護部が示した運営方針を浸透させる役割があります。また、一般看護師から現場の声をまとめて上司に伝えるなど、上司と部下の懸け橋となることも大切な役割です。業務や役割が増え、研修や委員会、会議へ参加することも多くなります。

また、新人看護師などへ個別性を把握した教育やサポートを行い、円滑に業務が遂行できるように努めます。看護師同士の人間関係や業務を巡っての問題があれば、介入や助言を行い、問題解決ができるように密にコミュニケーションを図りながら、働きやすい職場環境になるよう取り組むことが必要です。つまり、主任看護師とは、一般看護師を統括する役割だといえます。そのため、日々の業務やスケジュールの確認、患者と対応の指導、病棟の管理など看護業務全体を把握して管理すること、そしてまとめることができる現場のリーダーでなければいけません。

看護師長不在の時は、看護師長代理として活躍することが求められるので、安心して病棟を任せられる存在でなくてはいけません。

勤務には夜勤もあり、一般看護師と同様に患者を受け持つなど通常の業務も兼任しています。そのため、責任と業務量が多く、負担が大きくなることもありますが、達成感や充実感が持てる立場でもあります。

給与

主任看護師は、業務内容や責任が大きくなるため、基本給が上がり、役職手当が平均2~3万円程度つくので給料が高くなります。病院の規定や勤続年数などによって異なりますが、平均的には年収500~600万円程度だといわれています。ちなみに、役職が付かない一般の看護師は年収470万円程度が相場です。

必要な研修

 
看護師は、成長に合わせた目標を持ち、達成できるように取り組むことが必要です。主任看護師にも、目標を達成するための研修制度が多くの病院で設定されています。

主任看護師は管理職ですが、看護師長と一般の看護師の中間的な立場であり、双方から期待される役割は大きいです。求められるスキルとして、高い看護技術と幅広い知識などの実務経験が必要ですが、その他にも管理者としての能力が必要になります。リーダーシップ能力、人材育成のためのマネジメント能力、管理者としての高い志と責任感、倫理的な問題にも対応できる能力が欠かせません。

専門性を養い、管理者としての視点を持って業務を行えるように、院内・院外の研修に積極的に参加して、スキルアップを目指すことが大切です。また、研修への参加は、自分自身の現状を把握することにもつながります。こうした経験は、更なるステップアップを目指して視野を広げていくことになるので、看護師として素敵な経験になるのではないでしょうか。