【サイト内検索】

准看護師廃止 理由≪免許・資格≫


現在では、「看護職」を目指すのであれば、大学や専門学校などに進学して、
そのまま正看護師免許を取得するという方法を選ぶ方が
多いのではないでしょうか。

長い間、“准看護師免許の廃止”の議論がされているという状況も、
その選択に大きな影響を与えているのではないかと思います。

それでも、まだまだ高校の衛生看護科などを卒業する際に、
とりあえず准看の免許を取っておこうという方もいるのではないかと思います。

元々准看護師免許とは、昭和20年の終戦後、
増え続ける病院に看護師の数が追いつかず、
高校への女性の進学率も低かったことから、
高校を卒業しなくても取れる資格として誕生したものです。

その後も、大学や専門学校への進学が困難な人たちが、
働きながら正看護師資格を目指すための手段として、
一時的に取得したり、准看として働いていくために
多くの方が取得してきたのではないかと思います。

そもそも、正看と准看の仕事内容には、
どのような違いがあるのでしょうか。

法律の上では、正看護師は自らの判断で主体的な看護ができ、
准看護師に指示もできますが、准看護師は
医師や正看護師からの指示がないと看護が提供できないという特徴があります。

また、准看護師免許では部長、師長、主任にもなれないため、
年数を重ねた役職による収入のアップということもありません。

実際の医療の現場では、正・准による業務の内容にはあまり大差はないのですが、
准看護師は医師や正看護師の指示を受けて業務を行うので、
自分で考える自主的な業務ではなく、
補佐的な業務を行っていることが多いかもしれません。

しかし、実際に病院などで看護師が行っている医療行為については、
法律や制度の面で正看・准看の医療行為を規制をするものはありません。

つまり、准看護師も医師などの指示さえあれば、
正看護師と同程度の医療行為を行えるので、
現場ではどの看護師も同じような業務をこなしており、
患者側が見ても一見どちらの資格で働いているのかはわからないのではないかと思います。

ですが、収入の面では資格によって差があり、
給料は正看よりも1割ほど少ないという施設が多いようです。

求人については、募集をかけている施設はとても多いようで、
医療機関や、老人福祉施設などでも准看の募集をしているところを多く見かけます。

なので、転職の際の職場探しには苦労することはないのではないでしょうか。

求人や医療行為・仕事内容!転職先は?

「准看護師廃止」の議論は、耳にするようになってから
10年以上は経つのではないかと思うのですが、
結局現在も廃止の決定には至っていません。

そもそもなぜこの議論が生まれたのでしょうか。

先にも説明した経緯で誕生することとなった准看護師免許なのですが、
時代は流れ、医療のレベルも段違いに進歩し、
提供される看護の質もどんどんと高いものが求められ、
看護師のスキルアップの意識も高くなってきたなかで、
レベルの高い看護師の養成を望む看護協会と、
幅広い働き手を必要とする医師会の間で、この廃止問題が生まれました。

小さな個人病院などでは、医師の指示があれば
看護師と同様の業務がこなせる准看の方が、
コストが安くて使いやすいためだと考えられていて、
日本中を見ても、大きな総合病院より、
小さな個人病院の数の方が圧倒的に多く、
それらの医師達が強く反対しているということのようです。

しかし、2012年6月に神奈川県では
「准看護師養成を停止する」ということが発表されました。

これにより、神奈川県内では
准看護師免許を取得するための養成学校などがなくなり、
新たに資格を取得できなくなってしまいました。

神奈川県では、その分正看護師免許を取得できるような支援や
助成などの施策に力を入れて行くということのようですが、
これから先このような選択をする自治体が増えないとも限りません。

どれほど時間がかかるのかは予想できませんが、
少なからず准看護師の養成は徐々に減少の方向に進んでいくのではないかと思われます。