【サイト内検索】

医師を支える医療スタッフ!コメディカルスタッフの役割


コメディカルスタッフという言葉を聞いたことがありますか?
医師、歯科医師以外の医療スタッフで、医師の診断、治療を支える病院や施設で働く職員です。

現代では、各資格の専門性向上や質向上の波から、各資格の権限や主張が認められ、医師の方針のみではなく、これらの他のスタッフの知識や技術を借りて、よりよい医療を提供できるようになってきています。

医師の威厳や方針に従うという医療は、一昔前。
医師も、各種専門家であるコメディカルスタッフに助言を受けることもあります。

このような病院は、チーム医療が固められ、スタッフ全員が同じ目標に向かい(患者の回復や苦痛緩和など)診療、治療でき、患者さんにより有益な医療提供が可能になるという良いところが挙げられます。

では、コメディカルスタッフの種類や取り組みについて説明します。

由来

医師を補助するという意味、協同するという意味があり、英語でコメディカルとは喜劇的という意味にも取られますので、発音に注意が必要です。

職種

  • 看護師、助産師、保健師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、言語聴覚士、臨床心理士
  • 栄養士、管理栄養士
  • 視能訓練士
  • 義肢装具士
  • 歯科衛生士、歯科技工士、歯科助手
  • 衛生管理者
  • 救命救急士
  • 精神保健福祉士、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員
  • 保育士
  • 鍼師、灸師、あんまマッサージ師、柔道整復師
  • 診療情報管理士、医療事務

求められること・役割

  • 専門的知識と専門的技術、社会人・職業人としての倫理観や、人間性を充実させ、患者さん、対象者の満足感を高められる処遇を行うことが出来る人材であること。
  • 自分の専門分野のみではなく、他の分野にも目を向け、幅広い知識で、共に従事する他のスタッフに対して柔軟に対応できる人材であること。
  • チーム医療への参加と貢献し、医療の質をより高いものをする努力が出来る人材であること。
  • 患者さんの真の満足を提供できる思いやりの心と、安心できる技術を習得できる人材であること。

患者さんの満足度を高める補助的な役割

近年では、患者満足度を重視した医療活動を推進する病院が増えてきました。
医師の診療、治療のみでは必ずしも患者さんの満足に繋がらない場合もあります。
患者さんの満足を高める補助を行うのがコメディカルスタッフです。

治療で苦痛を有する方には、看護師や優しいケアを、必要な処置を安楽な方法で行う技術を。
疾患や自己により障害を有する患者さんには、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリ専門スタッフ。
病気や、年齢により食事の形態を変更せざるを得ない、栄養状態の査定を専門的に行う管理栄養士と調理を行う栄養士の存在。

急病者を病院まで安全に送り届け、正しい診断と治療へと結びつける救急救命士。
鍼や灸、マッサージ等により心身の改善、安楽を実現する鍼師、灸師、柔道整復師やマッサージ師。
技師や装具により患者さんの生活の質を向上させるための専門的スタッフ、診察へとスムーズな病院運営を支える事務職員。

それぞれの専門が力を発揮し、力を併せることで患者満足度が劇的に向上することができます。
医療の中心が医師ではなく、患者さんとなり、患者さんの自己決定を支えるのがコメディカルスタッフの役割でもあるようです。