【サイト内検索】

医療現場におけるトリアージナースの役割


救急外来などの病院内でトリアージを行うトリアージナースは、患者の状態を迅速に判断して、緊急性の高い順番に医師の診察を受ける体制を整える役割を担っています。厚生労働省においても、救急対応を専門としている看護師がトリアージを行うことで、より適切な救命処置が行うことができるとしています。実際の医療現場においても、救命できる事例が増加したとの報告が多くあります。

必要性

救急外来ではたくさんの患者が同時刻に来院することや救急車で搬送されてきます。患者の病態は様々であり、病状が急変する可能性ある患者やすぐに治療が必要な人もいれば、しばらく待っていても病状が安定したままでいられる人もいます。基本的には到着順で診察の順番を待ちますが、順番通りに診察していては救うべき命を救うことができない場合があります。患者の緊急性や重要度が高い患者を早期に見極めて適切に対処しなければ、どんどん状態が悪化して、命の危機に直結するからです。

救急医療の現場では、初期の判断が生命予後を大きく左右するので、迅速かつ適切なトリアージを行い、スムーズに診療を行うことが不可欠になります。救急医療の質の向上を目指して、1人でも多くの命を救うためトリアージナースの役割は重要です。

役割

来院した患者全てがトリアージの対象です。トリアージナースは、問診や観察した中で患者の重症度や緊急性を判断して診療の優先度を決定します。また、必要に応じて救急処置を行う場合もあります。トリアージの結果、緊急性があると判断した患者はすぐに処置室などに移動させます。トリアージナースはトリアージに専念するので、処置室には残ることなく担当看護師に引き継ぎを行います。まだ残っている患者やこれから来院する患者の対応をするためです。緊急性が低いと判断した患者であっても診察までの間、症状の変化があるかもしれないので常に観察しておくことが必要です。

また、診察、治療や検査などの準備と医療チームとの連携、調整を行うこと、そして患者や家族への説明や倫理的な配慮を行うこともトリアージナースの大切な役割です。

トリアージナースになるには

トリアージナースの認定資格が与えられるには、日本救急看護学会が実施している育成研修会を受講して、終了することが必須です。受講のためには、学会が指定した試験に合格することなどの条件があるので、それをすべてクリアしなければなりません。

受講している看護師は、救命救急や救急外来で働いていることが多く、基本的には救急現場での経験や知識が重要なことが分かります。また、救急看護認定看護師資格の取得を考えるのも方法のひとつになります。
 

求められる能力

救急医療の現場は、時間の猶予が許されず、少しの変化や異常を見逃すことが生命を脅かすことになります。そのため、患者の状態を見極める洞察力と的確に判断して行動できる十分な知識と経験が必須です。また、医療チームが円滑に作動できるような連携と調整能力が求められます。医療者間だけではなく、患者や家族対応も大切な役割であるため、幅広いコミュニケーション能力が大切になります。

看護師自身の体力や気力が伴ってこそ患者にも適切な看護が提供できることを忘れることなく、看護師としての役割を遂行していきましょう。