【サイト内検索】

土日祝日に休みを確保したい看護師の転職先


看護師の中には、土日祝日の休みをうらやましいと感じている人も少なくありません。
特に、小さな子どもがいる看護師ならその思いも強くなるはずです。

しかし、病棟勤務の看護師は、自分だけ土日祝日を休みにするというわけにはいきません。
また、看護師の有給休暇の取得率は5割に満たないといわれており、希望する日に休みが取れる状態とは言いにくいです。

看護師はやりがいのある素晴らしい仕事です。
安定した収入も得ることができるため、転職するときにもやっぱり看護師の資格を活かして働きたいと考えます。
では、いったい土日祝日に休める職場には、どんな職場があるのでしょうか。

私も今となっては子どもたちも大きくなったので、夜勤も休日勤務も夫の協力を得て、なんとかこなすことができますが、やっぱり未就学の間は傍に居てやりたいと思っていました。

調べてみると、土日にお休みをもらえる勤務先はたくさんあるんですね。
順に紹介していきたいと思います。

病院関係で働く

入院施設がない病院やクリニックは、カレンダー通りの休みとなることが多いです。
中には土曜日の午前中のみ診療している施設があるので出勤しないといけませんが、日祝日は休むことができます。

事前に土曜日出勤のことをわかっていることや休みが確保されていることを理解しているので、勤務表が発表される時のあのドキドキ感はなくなるでしょう。

就職先によって看護業務に幅はありますが、看護師としての能力を十分発揮できる職場となるので、こだわりがある人は病院関係での勤務がお勧めです。

もし正社員にこだわりがない場合は、パートタイマーや派遣社員として働くことも検討してみてください。
土日祝日が休みの他、自分の条件に合った勤務時間などの働き方ができる可能性が正規社員よりは高いです。

ただ、収入が低くなることや福利厚生が利用できないなどのデメリットがあることも忘れてはいけません。
また、人気の病院では患者が多いので、雇用状態に関わらず残業をしなければいけないことがあります。

就職してからこんなはずではなかったと後悔しても後の祭りです。
勤務する前にきちんと確認しておきましょう。

介護施設で働く

介護施設にも様々な種類があるので、一概に土日祝日に休みが取れるとは限りません。
デイサービスなどの通所施設であれば施設の休みに合わせた勤務になるので、多くの施設では土曜日が営業で日祝日が休みになっています。

急病など、よほどのことがない限りは通所者の帰宅時間が決まっているため、残業なく勤務することができます。
利用者と接する機会が多いので、高齢者との関わりを持つことを好む人にはお勧めの職場です。

看護師の募集は多いので、希望の条件を満たす施設が見つかるかもしれません。

しかし、看護業務以外に多くの介護業務を行わなければいけない施設もあると耳にします。
そのことが負担でストレスになることや不満の原因になり、辞める人もいらっしゃるようです。

長く働くためには、どのような規定になっているかを確認して納得したうえで就職することが大切です。

教育機関で働く

学校の保健室は、学生に合わせて勤務するので休みが確保しやすいです。
看護師免許以外に保健師免許を持っている方が採用されやすい傾向があります。

学生や園児、教職員の健康管理や相談、病気や怪我の対応が主な仕事であり、特別なことがない限り医療行為を行うことはありません。
勤務体制は1人のことが多く、患者の中には早期に病院に搬送しなければいけない場合もあるので、適切な判断ができる能力が必要です。

とは言うものの、急患や急変などがあまり起こらない職場であるため、ゆっくりとした時間の中で勤務ができるといっていいでしょう。
定時に終わることもできるので、プライベートが充実しやすいです。

人気が高い職種となっていますが、必要人員が少ないので倍率は常に高いというデメリットもあり。
看護師としてのスキルを高く維持し続けることやキャリアアップも期待できません。

最近では、保育園看護師の配置が推進されてきているので、保育園に在籍している看護師が増えてきています。
学校での勤務は保健室で待機というイメージがあると思いますが、保育園ではそうはいきません。

看護師も保育園の先生の1人とカウントされるとめ、園児と一緒に遊ぶことや雑用を行うなど保育士と同じ要求をされ、叱られることもあるようです。

子どもたちと接することを嬉しいと感じるのか、そうとは感じないかは本人の気持ち次第ですが、看護師として働くというイメージを持つと予想外の事態になりかねません。

企業で働く

企業の一般社員の位置づけになって就職するので、収入面ではばらつきがあるものの、大企業では高い給与設定がされていることが多く、安定しています。

社員の健康管理や健康相談などを担当しており、健康教室の実施など予防医療に主体的に関わりを持つことが可能です。
企業の休みと同じなので、休日が確保できます。

体力的にも精神的にもゆっくりとして働くことができるため、常に人気が高いです。
求人情報を確認してみたところ、求人情報誌にはあまり記載がありませんでした。
理由は、求人サイトでの非公開求人が多いためのようです。
どうしても働きたいと思っている人は、いくつかの求人サイトに登録するのがおすすめです。
⇒ 就職や転職に役立つ求人サイトはこちら

企業の中でも比較的募集が多いのは、治験を行っている企業や医薬品を扱っている企業の窓口業務です。
看護師としての専門知識が必要ですが、臨床ではないので物足りないと感じる人もいるでしょう。

このように土日祝日の休みを確保できる勤務先は意外とたくさんあります。
人気もあり高い倍率も予想されますが、求人サイトに登録して条件に合った職場をじっくり探してみてくださいね。