【サイト内検索】

感染管理の認定看護師を目指す友人と研修に行ってきた♪


ここ最近、仕事や子ども達の行事などでバタバタとして、日記のアップがなかなかできませんでした(><;)
最近の私の近況は言うと・・・

先々週、子ども達の運動会があったので、お休みをもらって家族で応援に行ってきました。

お天気も崩れることなく、子ども達も楽しそうで私も久しぶりに大きな声で応援をしたので、なんだかスッキリと良いリフレッシュになった1日でした。

4時起きで頑張ってお弁当作りました。
おむすびは、毎年母にお願いしています(^_^)
役割分担で、私はおかずのみです。

久しぶりに外でお弁当を食べましたが、5月のぽかぽか陽気(日中はすでに30度近くちょっと暑かったですが…(^^;))の中で食べるご飯は、また格別においしいですね。

風も気持ち良くて、この梅雨に入る前の一瞬の時期は本当に私が最も好きな時です。
雲が一つもない空を見るのが、大好きなんですよね♪

感染対策のセミナーへ

その前には、学生時代の友人と感染対策についてのセミナー研修に出席するため県外まで足を運んできました。
手術室の経験もある私は、病棟勤務になった現在でも清潔操作や感染対策には特に気を付けていて、病棟でも感染対策委員をやっています。

そのため今後の業務や、院内の感染対策に活かすことができる新しい情報の収集と、自分自身の勉強のためにも参加することにしたのです。

一緒に行った友人も感染対策に興味があって、今後は感染管理の認定看護師を目指しているのだとか。
なので、前々から「二人で勤務の希望を出して一緒に行こう」と話していたセミナーでした。

看護ケアの質を向上させる目的の資格

認定看護師は、特定の分野における知識や技術が高水準の看護師を育成・認定することで、現場において質の高い看護を実践したり、看護職に指導やコンサルテーションを行える人材を育成し、現場の看護ケアの質をさらに向上させていくことを目的として21の分野で資格認定が行われている制度です。

認定看護師になるには、大学へ半年も行ったり筆記試験があったりするため、今の私にはそんな気力や体力があるはずもなく、同い年で家庭もある中で認定看護師を目指す友人は本当に偉いなぁといつも感心しています。

しかし、これも家族や親の理解・協力があってこそ、なんですよね。

友人の旦那様も看護師で、スキルアップには大きな理解があり、子どもも小学校高学年になったので「やりたいことをやればいいよ」と言って、大学に通うことなども承諾してくれたのだとか。

30代のスキルアップ

しかし私は、たとえ主人がそう言ってくれたとしても今はそんなことできないだろうなと思います。

でも、時折“私も子ども達がもう少し大きくなって、自分の毎日に余裕が持てるようになった際には、何かスキルアップに挑戦しようかな?”
と、ふんわり考えることも無くはありません。

看護師として、病院で働き続けていると、必ずぶつかる課題ですよね。

30代の看護師のみなさん、自身のスキルアップについてはどのようにお考えですか?
やりたい思いはあっても、そのための動力が極めて大きいので、実際に行動に移すにはやはりそれなりの覚悟が必要ですよね。

と、快活な友人を見てモヤモヤしながら今日もまたバタバタな1日を過ごした私です。