【サイト内検索】

手術室の看護と役割≪目標や実習≫


手術室という場所は、普通に病院で勤務している現役の看護師でも
手術室での経験が無かったり、中に入る機会があまりないと、
内情も知り難く謎の多い、少し近寄りがたさもある
特殊な部署だと言えるのではないでしょうか。

さらに、手術室という部署は病棟業務とも全く違っていて、
いくら病棟看護師としての経験が豊富なベテランの看護師であっても、
配置転換で移動になった際には、まるで就職したての新人のように、
その業務内容の違いに悪戦苦闘することも多いのが
実情となっているのではないかと思います。

「手術室看護師」と聞いてまず思い浮かべる仕事姿としては、
術中医師に手術器具を“パンっ”と気持ちのいい連携プレイで渡している場面ではないでしょうか。

確かに手術室での業務の中では一番の花形の仕事であり、
それを行う機会が多いことも事実です。

ではその他に思い浮かぶ姿といえば…。

実際に手術室で勤務した私の体験談

実は看護師であっても、そうでない方もそれ以外の業務内容を
パッと思い浮かべるには時間がかかってしまう、
もしくは思い当たらないということも多いのではないかと思います。

私が実際に手術室看護師を経験した体験談からお話させてもらうと、
手術室看護における大きな目的はやはり「患者の外科的治療が円滑に進行、
終了できるよう配慮・実行すること」だと思います。

直接介助、間接介助の業務を通して医師の意図する治療計画が円滑に進行するよう、
環境を整え、患者の状態も整えてから手術の開始、進行を待つこととなります。

大きな目的・目標はとしてはそう括ることができると思うのですが、
それらを達成するための目に見えにくい細かな目的や役割というものは
本当に多岐に渡っていて、それには「患者の手術に対する不安を軽減する」ことや
「思いに寄り添い少しでも安心して手術に挑めるような関わりや対話の時間を持つこと」さらに、
「術中の体位や処置などによって不必要な負担・侵襲が増えないよう、
適切な観察、看護を行うこと」などが含まれるのではないかと思います。

手術前後の体位の保持や配慮

この目に見えにくい目的や目標・役割にはそこに含まれる業務の数も多く、
術前・術後訪問や、手術前後の体位の保持や圧迫、長時間の同一体位への配慮、
術中の体内への異物残留防止のためのガーゼ・器械カウントといった業務が挙げられます。

さらに手術室での仕事はこれだけに留まらず、
緊急で輸血が必要になった場合には輸血室を往復して何度も走ったり、
血ガスを何度も測定しに走ったりといったこともありますし、
もちろん手術終了後には使用した器具、物品、部屋の後片付けといった
地味な仕事も膨大にあるので、一息つく暇すらないこともあったりします。

そして、こういった細かな業務の部分については学校での実習などでは
目にしづらい部分であり、教科書などにも書いていることは少なく、
多くの看護学生が“手術室看護って一体何なんだろう”、
“看護師としての醍醐味は感じられる部署なのだろうか”と疑問に持つ理由と言えるのではないかと思います。

オペ看が楽しいと感じる瞬間とやりがい

以前、手術室看護師3年目の際に実習に来ていた男子学生から、
「手術室看護師で楽しいと思うことは何ですか?」と聞かれたことがあります。

確かに、一見すると患者さんとの言語的な関わりも少ないですし、
直接感謝の言葉をかけられることも少ないので、
手術室での成果を感じられる所といえば「手術の成功」くらいしかないのではないかと、
学生からすれば疑問に思ったのかもしれません。

その際、私自身もスパッと気持ち良く返答できたらよかったのですが、
自分自身ようやくオペ看としての本質や楽しさが形となって見え始めていた頃だったので、
なんとも歯切れの悪い返事になってしまったのは、
ちょっと申し訳なかったなと思っています。

一見すると、雑務の多い看護師らしさの少ない部署のように思われがちな
手術室看護なのですが、実際にガッツリと経験してみることで、
積み重ねた経験や感性があるからこそ感じられる喜びや、奥深さ、
意識のない患者さんとの対話の在り方を実感することができ、
それらがやりがいにつながっていくのではないかと思います。