【サイト内検索】

救命処置・蘇生トレーニング≪BLS・ACLS・ICLS≫


医療従事者として働いていると、必然的に重要になってくるスキルの中に、
BLSやACLSがあると思います。

さらに、救急外来や手術室、容体の悪い患者が多い病棟や急性期病棟などになると、
ICLSのトレーニングも定期的に行っておきたいスキルなのではないかと思います。

ちなみに、BLSとは一次救命処置のことを言い、急変が起こった病人に対して
救急隊や医師に引き継ぐまでの間に行う応急処置を指します。

これについては、病院内で遭遇することよりも普段の生活のなかで
突然遭遇することの方が多いかもしれません。

突然目の前で人が倒れてしまったとき、救急車が来るまでの間に医療従事者以外でも
この一次救命処置の知識と技術を身につけていると、
即座に対応できるようになるのではないかと思います。

この一次救命処置の中には、AEDの使い方や心肺蘇生法(CPA)の開始が含まれていて、
日赤の啓蒙活動やBLS協会の講習活動によって、
教員や保育職者といった職業単位で講習会が開催されていたり、
民間でも講習会が頻繁に行われるようになってきているのではないかと思います。

一年目の新人研修からすでにトレーニング開始

病院の中で働いていると、やはりACLSやICLSのスキルを
完璧に習得していることが重要になってくるのではないかと思います。

ACLSは、挿管や薬物投与といった高度な心肺蘇生法となる
二次救命処置のことを指すのですが、近年では重症不整脈、急性虚血性脳疾患、
急性冠症候群などの初期治療までがACLSの対象となっているようです。

ICLSは、医療従事者のための心肺蘇生トレーニングのことです。

このICLSコースをトレーニングする目的は、
「突然の心停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を習得することとされています。
(日本救急医学会・ICLSより引用)

病院の中では、救急外来や手術室、内視鏡室のような検査室、
それにもちろん病棟でも、いつでもどこでも
患者の急変や心停止・呼吸停止に遭遇する可能性が未知数にあります。

ですので、日赤に限らず全ての医療施設で定期的に
これらのトレーニングや講習会が行われていることと思います。

ですが、やはり高度救急医療に対応している日赤だからこそ、
職員全員がいつ何時その場面に遭遇しても対応できるように、
新人の頃から重点的に訓練されていたように思います。

部署ごとで参加する院内ICLS競技会も

もちろん新人研修の内容にも、
BLSやACLSのトレーニングコースが何度も組み込まれていました。

中でも日赤ならではの特徴的なものとして、研修の一環でBLSを習得することで
「赤十字救急法救急員」という資格の認定を受けられるというものもありました。

さらに、それらの研修コースの枠を飛び越えてインストラクターの養成講習なども
定期的に開催されていて、インストラクターの資格を取る看護師も多かった記憶があります。

また、日赤では年に1回部署ごとで参加する
ICLSの競技会というものも開催されていて、2、3年目になると
この競技会の参加メンバーにならなければいけないという洗礼もありました。

病棟や手術室といった部署ごとにそれぞれで起こり得そうな状況を設定して、
各部署で関わりのある医師やコメディカルスタッフと共に
そのチーム蘇生のスムーズさや的確さを評価してもらうという競技会だったのですが、
3年目で参加した私もいざ競技会の一員としてICLSをするとなると、
かなり緊張して毎日業務が終わった後にチームの皆と一生懸命練習していたことが、
今ではとても良い思い出となっています。

このように、日赤ではやはり緊急事態に備えて、
新人・ベテランのすべての職員に対する基礎対応力の養成の仕方に、
なかなか力が注がれているなという印象を受けたものでした。