【サイト内検索】

海外で活躍するエスコートナースの役割と仕事内容


海外で医療や看護が必要になったとき、異国の地での文化や言語で戸惑うことやスムーズに対応することができなくなり、精神的にも不安な状態になります。そんな時に活躍するのがエスコートナースです。

看護しながら移送に付き添う

エスコートナースとは、海外滞在中に病気や怪我によって自力では移動できない医療行為が必要な日本人を、現地から帰国まで看護を行いながら移送に付き添う看護師のことです。また、日本に帰国するだけではなく、患者の事情によっては海外からまた別の海外への移送に付き添うこともあります。日本に滞在中の外国人も対象になるので、日本から外国への付き添いも可能です。患者の状態や搬送範囲の制限はありません。

患者の不安をできる限り取り除いて、到着まで安心して過ごせるように心がけ、無事に目的地まで送り届けることがエスコートナースの役割です。

具体的にはどんなことをするの?

患者がいる海外に出向いて、現地の医療機関との連絡調整、患者や家族の看護とサポートを行いながら搬送の付き添いをします。
患者の状態観察やバイタルサインの測定を行い、状態に応じて投薬や導尿などの処置、緊急時の対応や付き添いに医師が同行する場合には診療の介助を行います。

付き添いの際は看護師1人のことが多いです。長時間の飛行機での移動も多く、エコノミー症候群などの合併症予防に努めなければいけません。移送中の経過は、必ず記録に残すことが大切です。

常に患者の状態を把握しておくことが必要なため、患者といる時はほとんど眠れる時間はなく、食事の時間すら確保することが難しい場合があります。移動距離が長いほど体力的な負担が大きいです。

また、患者や家族への気配りや現地の医療者とのコミュニケーション、いつ状態が悪化するか分からないなど、何が起こりうるか予測できない状況は精神的なストレスを感じることも多いです。しかし、普段見ることができない海外の医療機関を訪れることや、現地の医師や看護師とのかかわりの中から様々な勉強ができるよい機会になるのではないでしょうか。

必要なスキル

エスコートナースになるためには、日本の看護師免許を有していることが必要です。仕事は国内ではなく海外での対応がほとんどであり、指示書や記録にも公用語である英語を使用します。そのため、英語力が重要です。

現地の医療機関や飛行機などの移送手段となる関係機関などとのコミュニケーション、患者が外国人の場合もあるので、柔軟に対応できるような言語力が重要になります。英語のほかにも話せる外国語があれば更に役に立つでしょう。

対象となる患者の疾患や状態は多種多様です。機内など限られた空間の中、持っている薬剤や機材のみで1人で対応していかなければなりません。また、急変する可能性もあるため、緊急時には迅速な対応ができる高い技術力と判断力が求められます。看護師としての幅広い経験と知識、そして患者に対する思いやりと体力が必要です。