【サイト内検索】

特定看護師になるための研修制度と給料


日本の医師不足や医療技術の向上による医師の負担の軽減と円滑な治療のため、特定看護師の制度が設けられました。法律上の資格ではなく、国が位置付けている制度です。2015年10月より研修制度が開始され、2025年までに10万人以上の特定看護師の養成を目指しています。

専門看護師と認定看護師の両方の役割をもつ

特定行為研修を修了した看護師を特定看護師といいます。今までの看護師業務では、医師の指示のもと診療の補助を行ってきました。しかし、特定看護師は、医師の包括的指示があれば、規定されている医療行為を自分の判断で行うことができます。そのため、通常の看護師よりも幅広い対応ができるので看護師としての役割ややりがい、質の向上を目指すことができる制度です。

まだ検討段階であり制度化はされていないので、看護師が実施できる範囲の内容がはっきりしておらず、常に見直しや変更が行われている段階ですが、早期の確立が期待されています。

キャリアアップを目指す専門看護師制度では、すでに導入されている専門看護師や認定看護師があります。専門看護師とは専門の分野において円滑に治療を行うための看護ケアとマネージメント能力を持つ看護師、認定看護師とは専門の分野において熟練した知識や経験をもって臨床現場で看護実践を行うことができる看護師のことです。つまり、特定看護師とは、この両者の役割を兼ね備えた看護師のことでもあり、医師と連携することで患者により良い医療が提供されると考えられます。

研修の内容は?

特定看護師には、厚生労働大臣が指定する機関で研修を受ける必要があります。受講には条件があり、看護師免許を取得した後、概ね3年~5年の実務経験がある看護師であることです。また、知識や経験を生かして自律的に看護実践が行える、チーム医療のキーパーソンになれる看護師でなければいけません。理由は、このような能力を有していなければ現場で活躍することができないからです。

研修では、医学的な知識や技術など必要とされる能力の教育を受けるために共通科目315時間と区分別科目15~72時間の講義と実習が行われます。区分別科目では、選択する講義によって時間数が異なりますが、最短では3か月程度で終了することが可能です。筆記試験や実施試験、適切な評価方法を用いて履修の成果を判断されます。また、厚生労働省が指定している特定看護師養成モデル校で受講することも可能ですが、養成コース終了後も試験に合格することが必要です。

特定看護師の給料

特定看護師は、まだ制度が確立されていない資格のために明確な給料の提示がありません。認定看護師の場合、専門資格の手当が支給されるので、一般の看護師の平均年収といわれている350万円よりも高く設定されています。特定看護師は、専門看護師や認定看護師より医師に近い業務を行う役割があり、更に高度な技術と知識をもつスペシャリストです。そのことから、給料も高く設定されると予測されます。しかし、勤務先によって異なる可能性は大きいです。