【サイト内検索】

看護におけるアドボカシーの役割


アドボカシーとは本来、擁護や支持などの意味を持っており、近年では権利擁護、性差撤廃など広域の分野で用いられています。日本の看護分野でも看護アドボカシーという考えが用いられるようになりましたが、実際の看護現場においては統一的な行動指針があるというわけではありません。しかし、調べてみると多くの文献で、看護師が患者の声を代弁する、支える、保護するなどという意味で用いられています。

看護アドボカシーとは

医療を受けている患者にとって看護師は一番接する機会が多く、身近にいる医療者です。患者の状態を常に把握して、心身だけではなくて倫理的な対応も最初に行うことができる立場にいます。

患者は医師からの病状や検査説明を受けたとき、すぐに理解できているとはかぎりません。また、不安もあり、時間が経過した後で疑問が生じることもあるので、看護師は患者の理解度や気持ちをゆっくりと確認する必要があります。そして必要があれば、患者に代わって伝えたいことを医師に言います。このように、患者や家族を支え、権利を守るために看護師が患者を擁護する行動を看護アドボカシーといいます。

しかし、看護師の思い込みや自己判断で患者の気持ちを代弁することや意見を言うといった行為は違うので、注意しましょう。

役割

看護において、患者全てがアドボカシーの対象です。特に終末期の患者、寝たきりの高齢者、障害者など医療を常に必要とする患者にとってアドボカシーは重要です。実際の看護の場面でのアドボカシーは、患者や家族に適切な情報を伝えて自己決定できるように支えること、医療従事者との懸け橋を行うこと、医療従事者間で患者の情報を共有することです。このことが、患者の権利や利益を守ることにつながることを目的として行わなければいけません。

看護師は患者を積極的に支援していくこと、そして患者がどのような自己決定をすることになっても、適切な情報を確実に提供することが大切な役割です。

実践能力と職場環境の整備

アドボカシーは誰でも行うことができるものではありません。また、看護師が患者のアドボカシーを行うことに大きな危険もあるとされています。治療を進めていく中で、看護師と患者、または医師との相違が生じることもあり、そのことがきっかけとなり信頼関係をなくすことにつながるからです。

看護師は、患者を支援するかしないかを適切に判断する知識と技術が求められ、継続的に行うためには、看護師としての質の向上が欠かせません。しかし個人の考えだけでは限界があります。現場で実際の患者と接していく中で養われていく看護師個人の実践能力とともに組織として教育が確立できる職場環境の整備が必要です。

また、看護アドボカシーを看護師が行うことについては賛否両論があります。その理由は、看護師は医師側に立っている、または患者と接することが多いため患者に同情することが考えらます。そのため、どちらにしても偏りがあるので適切な判断が行われにくい環境であるためです。

看護師ではなく、もっと中立的な立場の人間、つまり第三者が適しているともいわれています。しかし、患者の立場も医療者の立場もわかるからこそ見えてくる視点もあるので、幅広い視野を持ったナースだからこそできることも大きな利点となると考えられます。