【サイト内検索】

看護サマリーの意味や目的~さまざまな事例~


看護師の事務的な業務の一つとして、『看護サマリー』の作成がありますよね。

サマリーとは、要約・要旨・概要・要点といった意味があり、
看護サマリーというと退院時や転院時に作成され、次の受け入れ先のスタッフが
その患者さんのそれまでの経緯や今後の課題などを一目で確認できるとても重要な資料となるものです。

そしてこのサマリーは、学校でその書き方を詳しく教えてくれるという所も全てではないため、
入職後先輩達の記入したものを参考にしながらその施設の決まりや様式などを理解し、
分かりやすい書き方などを盗んで“自分なりのサマリーの書き方”を習得していく方が多いのではないかと思います。

書き方例

しかし看護師として経験を重ねていくにつれ、各々の看護師が“自分なりのサマリーの書き方”で
日々の業務をこなしているということで先輩として「悩むこともある」ということを、
最近になって実感する出来事がありました。

その悩みを具体的に挙げると、新人当初の私はサマリーを書く際、
先輩に「サマリーは簡潔でありながら要点はしっかり押さえて」と指導されたのですが、
この“簡潔”と“要点の集約”ということそのものが個々の解釈と考え方によって統一されていないことで、
いつの間にか正しいと思っていた自分のサマリーの書き方を見失ってしまうということでした。

この経験年数になると、年数の浅い後輩達から
「サマリーを書いたのですが、見て貰ってもいいですか」と声をかけられることも時々あります。

その際“簡潔に”を、箇条書きのようにあった事をすべて1つずつ「。」で羅列すると解釈されたものや、
“重要点を押さえて”をその患者さんの身に「起こったことをすべて記載する」と解釈されたサマリー、
他者が書いたサマリーをほとんど丸写し、いわゆるコピペをしたもの…など様々な“サマリー”に遭遇するのです。

そして、それらを見た私の見解としては、

  • 「簡潔に」は箇条書きにすれば良いというものではない。
  • 確かに入院中行った検査や処方された薬、行われたリハビリなど全て重要かもしれないけど、それらをもっと要約して「簡潔に」できるんじゃないですか?
  • これコピペだよね?他院からの転入サマリーの既往の病名に「?」がついて転入してきた意味分かってる?そして転入してからこの病院でどんな経過を辿ったかちゃんと分かってる?
  • この患者さんほぼADL自立しての退院なんですけど、この問題点の着眼点違い過ぎやしませんかー?!
    と感じてしまうのです。
  • このように、明らかにおかしいと思ったり、疑わしいと感じたことに対して指導をしようとした際、
    何回説明してもその意図を理解してくれなかったりすると、
    次第に自分の考えを押しつけているように感じ始めてしまい、
    相手にどう伝えていいのか分からなくなってしまうことも悩みの一つとなりました。

    また、その中でも特に悩んでしまうのが、
    私は重要だと思っている/思っていないと判断した事象について、
    それを書いた本人に記載の意図を聞いてみると、その人なりの考えを説明されることで
    「やっぱり必要なのか?必要ではないのか?」と判断が鈍ってしまうということなのです。

    これについてしばらく考えてみたのですが、自分一人ではこの悩みに答えを見い出せそうになかったので、
    ある日の友人達とのランチ会で皆の意見を聞いてみることにしました。

    回復期や急性期、部署によっても違う

    やはり経験年数が長くなるとそれぞれに考え方があったり、
    また勤務している部署毎によっても急性期や回復期などで重要視しているポイントが違うということも、
    なんとなく分かってはいたのですが改めて実感することができました。

    そして、その“部署によって違う”というポイントが、
    私が今自分の職場で悩んでいる案件の根幹なんだなと気付くことができたのです。

    私の現在の部署も、他の部署を数年経験した後に配置転換で異動してきた方が何人かいます。

    その方達は、今の部署に来る前の“その部署”で必要な情報の取捨選択をしながら
    サマリーの書き方を自分のモノにしてきたのですよね。

    そして、ICUや急性期、回復期やリハビリ専門の部署で働く友人達の話を聞くなかで、
    やはり「出ていく先でどういった情報が必要なのか」をその都度考えながらサマリーを書くことが重要なんだということも、
    再確認させて貰うことができました。

    転院先が県外の場合は?

    これは友人の話なのですが、転院サマリーを書く際に転院先が県外の場合には、
    私達が普段当たり前のように使っている表現がもしかしたら全く伝わらないものである場合もあるので、
    使う単語や言い回しにもかなり気を付けるようにしているということでした。

    確かに、その病院ごとで言い方の違うものもありますし、
    方言や言い回しが伝わらない言葉だって、冷静に考えたらたくさんあるんですよね。

    これは、同県内の退院/転出サマリーばかり書いていた私には全く気付きもしないことでした。

    この友人たちとの会話での気付きによって、
    指導の方法やサマリー記載者の考え方を自分なりに推察することに留意しながら、
    皆のサマリーを客観的に捉えることができるようになったのは、今回の私の成長でした。

    看護師として何年も働いていますが、この年齢になってもまだまだ日々学び、
    成長することがたくさんあるんですよね。

    またさらに、看護師という仕事が魅力的で楽しくなったエピソードでした。

    番外編

    上の写真は最近主人がハマってよく作っているオリジナル坦々麺です♪

    元々中華料理が大好きだった我が家ですが、
    行きつけだった坦々麺のお店の味が変わってしまって喪失感に襲われていたところ、
    「麻辣醤(マーラージャン)」があれば麻婆豆腐も坦々麺も簡単に作れるという情報を耳にし、
    ネットで購入するや否や主人が自家製にこだわって作り上げた渾身の一品です☆

    出来も上々でかなり美味しく、「もうお店なんか行かなくていいね」と子ども達にも好評でした。

    家で作ると4人分の好みの辛さを自由に調整できるのがいいですね。

    中華が好きな方は、是非「麻辣醤」購入してみて下さい(*^^*)