【サイト内検索】

看護師が患者からお礼を受け取るのってありなの!?


入院されていた患者様が退院される際など、ご家族から菓子折りや現金などのお礼を渡されることってありますよね。
病院では、患者様からのお礼は受け取らないようにと決められている場合がほとんどだと思います。

うちの病院でも、基本的には何も受け取ることはできません。
ただ、他のスタッフが個人的に受け取っているのを目撃したことはあります・・・

私自身、出産でお世話になった産院を退院する際に、家族が用意してくれた菓子折りを手渡し、快く受け取って頂いた経験があります。

もちろん仕事ですからお礼などあってはならないのですが、「ありがとう」の気持ちを伝える程度の心添えであればいいんじゃないかな?と私は思ってしまいます。
みなさんはどう思われますか?

エピソードを投稿する


Submit your review



看護師が患者からお礼を受け取るのってありなの!? SKU UPC Model

どうしても・・という場合にはいただいてもいいと思います

ハルさん 

0

以前、内科病棟に勤めていた時に長期間入院されていた患者さんから退院時にお菓子を渡されました。
3000?5000円程度の品物でした。

お断りしても、どうしてもということでしたので師長に渡して下さいと伝えました。
本当はお礼をいただくのはよくないことと思いますが、どうしても断れない時はお気持ちとしていただいてもよいと思います。


お金はいただくべきではないと思います

花の子さん 

0

療養病棟で勤めているときに、高齢の患者さんから1000円を渡されました。

元旦に勤務していた時に「ちょっとだけだしお年玉と思って」と言われました。
ですがお金は金額に関わらず受取れないとお断りをして返しました。

菓子折りであれば持ち帰っても食べない、と言われれば受取らざるを得ない時もありますがお金は絶対いただくべきではないと考えています。


商品券をいただきました

千春さん 

0

小児科に勤務していた頃、担当していた中学生の男の子が退院する時に両親から「お世話になりました」と三千円分の商品券を頂きました。
ですが、病院の規則で「患者からのお礼の品は受け取らない事」と決まっていたのでその旨を伝え遠慮しました。

ですが、「気持ちですから」と言って商品券をポケットに入れてきたのであまり拒んでは失礼になると思い受け取りました。

お礼の品は退院するほとんどの人が渡そうとしてくれますが、規則ですからと拒んでしまうのは申し訳ない気持ちになってしまうので、本人に直接渡すのではなく退院手続きの時に担当の方に渡していただけるとスムーズになると思います。


どうしてもという場合は受け取るのが礼儀なのかも

ようちゃんさん 

0

私が勤めていた病院ではお礼を受け取ることはだめだと言われていました。
患者さんもそのことを知っていましたが、それでも菓子折りなどを置いていかれる患者さんはいらっしゃって、お断りしてもどうしてもという場合は師長に出てきてもらい、対応してもらいました。

実際に受け取った品は菓子折りが多かったです。
看護師は仕事なので、お礼は不要だと考えますが、どうしてもという場合には受け取るほうが良いのかなとも思います。


お歳暮やお中元の菓子折りならいいかも

みさとさん 

0

訪問看護をしていました。
家に出入りするのでお礼に現金をつつまれることもありました。

当然いただけないので、お断りしていました。
金額的には一万円が多かったです。
どうしてもひきさがっていただけない場合は上司に相談をして対処していました。
お歳暮やお中元として代わりに菓子折りにしてもらったりしていました。


手土産を持ってこられますね

みんさん 

0

勤務している病棟は介護療養病棟で患者の平均年齢が80代です。

患者の家族も高齢であることか多く、高齢者は義理堅い所があるのか複数の家族がお見舞いに来院される際には必ずといっていいほど病棟に手土産をもって見えます。
中身は様々でビールやコーヒーや和菓子や自家製の漬物など多岐にわたります。

暗黙の了解で、手土産を貰う際には必ず一度は断って、どうしてもという家族からは今回だけならという言葉をつける頂くことになっているようです。


現金は受け取れませんがお菓子ならありがたく頂きます

ちょうさん 

0

入院されていたおばあちゃんから、退院した後に旅行に行ったということで、看護師みんなに旅行先のお土産の洋菓子の詰め合わせをいただきました。

金額は3000円ぐらいだと思います。
現金はさすがにいただくわけにはいきませんが、お菓子などはご好意に甘えていただくようにしています。


地域によって温度差がありますね

にゃんにゃんさん 

0

患者様のお礼にも地域差があります。
関東地方の総合病院では、退院される患者様からデパ地下のお菓子を頂くことが常でした。
詰所のドアの〈付届けは辞退いたします〉のプレートは建前。婦長さんの「こんなことをされては困ります」も建前。昼休みは試食会。「前のバームクーヘンより美味しい」「○○のお店ってさー」その日の日勤者が得をしていました。

地方の総病床数50床の病院では、〈缶コーヒー1ケース〉が多かったです。
箱を開けた職員が、部署に在籍しているスタッフの名前を缶底に油性ペンで記入し、箱に詰めなおしていました。

不公平感が不満を生む。正職員もパートも公平に扱われれば、職場の雰囲気も良くなると思います。


お断りします

さくらこさん 

0

退院する患者様から、「みんなで食べてください。」と菓子折りを渡される場面は多くあります。
その時は「お気遣いありがとうございます。お気持ちだけ受け取らせて頂きます。」と断ります。

しかしそれでも渡そうとしてくださる方がほとんどなので、「私が受け取ったら、叱られますから。」と言ったり、師長に対応してもらうように、師長を呼びに行きます。


白衣のポケットに・・・

聡美さん 

0

関東地方の総合病院にて。

60歳代の女性、手術を終えたばかりでトイレもベッド上でした。
慣れないことで緊張されていたので、カーテン越しに、自分も学生演習の時に同じ気持ちだったことをお話して気分をほぐしていただきました。

コールが鳴り、排泄物を片付けて退室するとき、お礼の言葉と共にティッシュの包みを差し出されました。
額の多少の問題ではありませんが、千円札でないことは包みの大きさから読み取れました。
「仕事ですから」やんわりと申し上げて辞退しましたが、すかさず白衣のポケットに入れられ、「いいの。婦長さんには内緒」と、患者様の叱るような表情が、一度あげたものは返されても絶対受け取らないという頑固な母と重なり、素直に受け入れてしまいました。

管理職には報告しませんでした。
上司から患者様に返されるようなことがあったら、〈下の世話をしてもらった挙句、お礼も返された〉と患者様がプライドを傷つけられるではないかと思ったからです。

言い訳にすぎませんが、受け取るほうも複雑な心境です。
その証拠に、長い年月を経てもそのお札は使う気になれず、ファイルに挟んだままです。


なんだかんだと受け取っています

みっちさん 

0

普通に入院している患者様の場合、基本的に受け取ってはいけないことになっています。
病棟師長の方針によっても違い、わざわざ宅急便で送り返す師長もいました。

ただしターミナル患者様が亡くなった場合、ご家族が心から感謝してくださり気持を受けとってほしいという感じでもって来られるので、無下に断ることもできず受け取っています。


難しいですよね

さっちんさん 

0

手術の時などに世話になるからと現金をお持ちになられる患者様やご家族はいらっしゃいますが、基本的に受けとるのは医師のみのような気がします。

現金、菓子折については職場での決まりであったのはもちろん、私は丁重にお断りしていました。
そのようなものがあってもなくても、その方が大事な患者様であることに変わりはないという気持ちがあるからです。

権力のある方のところにお見舞いに来られた方は口をそろえて「この人は大事な人だから特別お世話をするように…」と言われます。
笑って頷きながらも納得のいかない言葉だと思って看護していたように思います。

身寄りのない方も、みなさん大事だと思いましたし、本当に権力もあり恵まれた生活をされている人ならば人格もそうあっていただきたいとも思いました。

さて、菓子折りについてですが、基本的には「お気持ちだけ…」というようにしています。
それで引き下がっていただけたら楽なのですが、気持ちを無下に扱われたとクレームに発展することもありますので、とても神経をつかいました。

中にはケーキやフルーツなど、「ナマモノだから持って帰れない」や、「家族が持ってきたけど、食べられないから」と患者様が明らかに嘘をつく形で差し入れてくださるときなどは申し訳ないので、何度かお断りして、今後も気遣いは無用なことも合わせて説明しつつ受け取らせていたただいたこともありました。

あとは、時々年配の患者様が、孫に近い歳なのを懐かしそうにポケットにあめ玉を偲ばせてくださったりしました。
なんだか暖かい気持ちにしてもらったものです。

看護師としては、受けとる受け取らないに限らずいっさい関係なく必要なケアをするものだと思います。
ただ、家族の立場になったら、してしまうかもしれないですね。
それも人の想いだということはわかっているのですが、負担になるようなことをする必要はないかと思います。


お菓子はいただきます

ルミさん 

0

現金を頂くことはほぼありませんが、菓子折りは日常茶飯事です。

一応頂いてはいけない事になってるので、断るのですが、断わっても一度出したものはなかなか引っ込めないので、結局は頂くことになり、そのやり取りが正直めんどくさいです。

めんどくさいけど、お菓子は美味しく食べてます。


菓子折り程度なら受け取ってもいいような・・・

レイさん 

0

患者さんが退院される際にご家族の方が、個室の病室で菓子折りを渡してきました。
「これ、大したものじゃないけど、大変良くしてもらったから気持ちです。」とおっしゃられたのですが、申し訳ありませんが病院の規則で頂くことができないのでお気持ちだけで十分です。とお断りしましたが、大抵患者さんのご家族はそう簡単にわかりましたとはおってくれません。

わざわざ用意をしてくださったのに受けとらずに断るのもつらいものです。
私は菓子折り程度であれば師長に直接話してもらい、師長がありがたく頂戴しますといえばどちらも気持ちよくお別れすることができると思います。
金銭でなくお菓子程度であればご家族の気持ちと思っていいのではないでしょうか。


原則受け取ることができません

みやこさん 

0

患者様からよく、退院後初めての外来診察のときにわざわざ菓子折りを持ってくる方が多かったです。

しかし、その時の病棟師長は患者様からのご厚意に対してうまく対応できていませんでした。
受け取らない、受け取らないのが原則なので断り方があると思いますが、私達は受け取れませんので、もし頂いてもゴミ箱に捨てますといって、ご立腹されて帰る方もしばしばいらっしゃいました。

せっかくのご厚意ですが、原則受け取れないのが病院の現状です。


謝礼という風習はおかしい!

りんごさん 

0

とある都内の大学病院での謝礼エピソードです.

消化器外科で勤務していたときに,個室に入院されている患者さんが受け持ちの研修医にぶ厚い封筒を渡しているのを,たまたま入室した際に目撃してしまいました.

研修医が慌てて内ポケットに封筒をしまったので,絶対にお金だ!と確信をもちました.
退室後,その研修医にこっそり確認したら,お金を受け取ったと認める供述をしました

腹が立ったので,医者が患者さんから非公式に受け取ってよい金などない,と言ってやりました.
ましてや研修医など手術で執刀するわけでもなく,どれだけのことを患者さんにしたと言うのか,よく考えるべき,とも言ってやりました.

私は,入職時の研修で,「患者さんから謝礼の金品を受け取ることについて」というテーマでディベートをしました.
「患者さんから,言葉で感謝されることがあっても金品で感謝されるのはおかしい」,「入院費を支払っているのだからそれ以上は何も必要ない」など,医療者としての心得を学びました.

患者さんが「謝礼を渡さなければ,ちゃんと診てもらえない」などと不安に思わせることがないよう,「謝礼」などというおかしな風習は,絶対に無くさなければいけないと思います.


0.0 0.0 16 16 以前、内科病棟に勤めていた時に長期間入院されていた患者さんから退院時にお菓子を渡されました。3000?5000円程度の品 看護師が患者からお礼を受け取るのってありなの!?