【サイト内検索】

看護師と30代の独身≪悩み≫


看護師の女性というのは、自分の力でそこら辺のサラリーマンの方と同じくらい、
もしかしたらそれ以上に稼ぐこともできますし、
看護師としての経験を重ねるにつれて、看護師としても人間としても自信がついてきて、
強く逞しい女性に変化、良く言えば成長していくものだと思います。

自分で十分な収入が得られて、時には
自分の好きなように旅行を楽しんだり、買い物を楽しんだり。

仕事にもやりがいを持って日々を過ごしている為、
人生そのものがすごく充実している!
ここに他人と一緒に暮らし始めるなんてリスクを持ち込みたくない!

と思いながら、独身生活を謳歌している看護師は実はとても多いのではないかと思います。

また、仕事に大きなやりがいと目的を持って一心不乱に毎日走っていたら、
いつの間にか30代、40代になっていた…という方もいるかもしれませんね。

子持ちナースへの対応と比較

そんなとき、ふと周りと会話をしてみたら、同僚や上司、
医師達から結婚していないことや独身であることについて、
いろいろと口を出されたり嫌味を言われることも
多くなってしまっていることに気付くのではないでしょうか。

その口出しや嫌味の中には「あなたに言われたくない!」と
思わず言い返してしまいたくなるような、
人間性の否定や度を超えた暴言が含まれていることもあり、
そういった周りの反応のせいで、独身であることが
悩みとなってしまっているという看護師も少なからずいるようです。

また、子持ちナースと自分たち独身ナースに対する上司の対応や
配慮の無さについて、悩みを抱えているという方も多いようです。

子持ちナースは、子どもを理由に早退やきっちり退社、
自由な休暇取得をしているのに、自分たちは独身だからと、
そのシワ寄せをすべて引き受け、希望の休みも貰えない。

頑張って残業しても、上司から「早く帰りなさい」と言われるだけで、
配慮や感謝なんかされることもない。

しまいには、シワ寄せのせいで増えた残業について
ちゃんと残業代が貰えないということもあるようで、
「自分が何のために働いているのか分からない」と悩む
独身看護師の方も少なくないということです。

ママナースよりもシワ寄せがきやすい?

これについては、永遠に看護の職場の課題となる事柄なのではないかと思います。

大きな病院であれば仕事は多いですし、ママナースも含めた人員で業務を割り振っている分、
その人が急にいなくなれば他のスタッフにシワ寄せがくるのは当然のことです。

かといってママナースにとっても、それぞれの事情を抱えて仕事を続けているわけですので、
辞めて欲しいなんて言えるわけもないですしね。

昭和の頃の、“結婚して、子どもができたら家庭で育児生活に専念できていた時代”には、
こんな悩みも起こらずに済んでいたのでしょうか。

現代では、個人の生き方も、考え方も、世の中の寛容さも様々なことが多様化し、
受け入れられる事も多くなっていますが、それによって反対に、
個々がなんとも生きにくい世の中になってしまっているのかもしれませんね。

ストレスで仕事が楽しめない!?

そういった悩みを持っている独身ナースからは、
『ママナース専用の職場』を作れば良いという声も上がっているようです。

休むことが仕方ない、支え合うことが当然というならば、
同じ境遇の人たちで集まって、同じ立場の人間同士でフォローし合えばいいのではないかと。

折角仕事が楽しくて、好きで独身看護師生活を謳歌していたとしても、
そういったことがストレスとなって仕事自体が
楽しめなくなるのであれば、それはとても残念なことです。

「生き方」というのは、本当に人それぞれ違うものですし、
全然それで良いとは思うのですが、根底には“あまり人に迷惑をかけすぎない”
という配慮の気持ちを忘れてはいけないということを、
私達一人ひとりが胸に刻んでおかなければいけないのではないかと思います。