【サイト内検索】

看護師になるには!?専門学校・短大・四年制大学どっち?


看護師を目指すにあたって、進路の選択が必要な時期ってありますよね。
専門学校・短大・4年制大学と選択肢がありますが、どの道を選ぶのが良いのか?
迷っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

それぞれの道を選ぶメリットについて、アンケート調査をしました。

エピソードを投稿する


Submit your review



看護師になるには!?専門学校・短大・四年制大学どっち? SKU UPC Model

看護科のある県立高校です

みこさん 

0

私は5年一貫教育の看護科がある県立高校出身です。

高校から専攻科まで1つとなっているので短大などより最短で看護師になる事ができます。
高校卒業後、その他の道を選択する事も可能です。

私の学校では高校1年生から実習が始まり、担当看護師の指導の下、受け持ち患者さんへの看護を実施しました。

具体的には生活上の管理として環境整備を行い、
ベッド周囲や廊下の整備、危険物や障害物の除去をしました。

また、食事介助や排泄介助、入浴介助などの日常生活の援助、薬の分包や点滴のミキシングなどの薬剤管理、バイタルサイン測定や検査出し、Ope出しなどを行いました。

あらゆる事に直接関わる中で患者さんの状態を目で見て、手で感じる事ができました。
高齢者の多い病院では私たちの存在は孫のようだと話す方がいました。

実際に働くと患者さんの声に耳を傾ける時間が少なくなる事もありますが、実習生の時は患者さんとの時間が沢山あり、話しやすい雰囲気作りや話を聴く事の重要性を学びました。

5年間の実習により実習生への認知度が高まり、看護師や医師、その他のスタッフの方、そして患者さんから信頼関係を築く事ができ、就職した時には大変喜ばれました。


四年制大学。

にこたんさん 

0

総合大学の看護専攻だったので、一般教養では、多くの中から授業を選択することができました。
また、部活動も盛んで他の学部の人との交流もあり、看護だけに偏らない視点を得ることができ、異職種の友人が生涯にわたって出来ました。


定時制の専門学校

さゆりさん 

0

看護専門学校の准看護師の資格を持っている人しか入学できない科にいました。

定時制であったため正規で勤務する事ができたので給料とボーナスが支給してもらえ、学校に通うことができたと思います。

定時制だと1年長く学校に通わなければいけませんがそのような体制は大学にはないと思うので専門学校でよかったと思います。


保健師や助産師の資格も狙える大学

めぇさん 

0

四年制看護大学に通っていました。

大学では看護師国家試験の受験資格の他に、保健師や助産師の国家試験の受験資格も得られるところがメリットです。

勉強や実習が多くなるのですが、看護師としての視野が広がり、就職や将来の路を選ぶときの選択肢が広がるところが良いと思います。


専門学校です

みっちーさん 

0

専門学校へ通っていました。
准看護師から正看護師へなったため、専門学校しか選択肢がなかったのが現状です。

メリットとしては周りが准看護師のため年齢層が幅広く、社会人経験者なので大人な会話が出来たり、知識も幅広いので討論がしやすいところです。


成長できたと思います。

Mobiさん 

0

私は4年制大学を卒業しました。
総合大学で学ぶことにより、看護学だけでなく、一般教養として心理学なども学ぶことができとても有益だと思います。

また、卒業時に看護研究もきちんとやるため、看護師として働き始めたあと、より看護を深めたいと思った時にも役に立ちます。
学会などで発表することで、大きな成長を得られます。
4年制看護大学は保健師の資格を取ることもできるため、広く看護職として働く道が開けます。


専門学校です

りんごさん 

0

看護専門学校に通っていました。
隣にある病院の付属の学校だったので、専任教員の他にも病院の医師や検査技師やケアマネなど、いろいろな職種の方が講義をしてくれました。

実習もそこの病院だったし、実際に働いているナースも卒業生がいるので、自分が就職した時も知っているところという安心感がありました。


むちゃ

けいさん 

0

通っていたのは看護専門学校です。
看護師のみの資格で良い場合は専門学校が良いと思われます。

公立の場合には学費も安くなります。
また、3年という短い期間であるので途中で挫折してしまう事も少ないです。

専門学校の場合は、地域貢献を目指している場合もあるので、学校近くでの就職が有利になります。


学生時代に色々経験できたのが良かった

奈美さん 

0

国立病院付属の看護学校でした。

私が通った学校は、演習と実習に力を入れていたので、教科書に載っている実技は一通り演習しました。

ギプスを巻く事や、導尿、経鼻カテーテル、浣腸に至るまで、実施方法と一緒に患者さんの気持ちになる事を目的に演習してました。

また、実習も歯科に至る、ほぼ全ての科を回りました。
なので、いざ就職した際には、初めてで戸惑う事は少なかったと思います。


公立の4年制でした

ミハルさん 

0

私の通っていたのは、公立の4年制大学でした。
4年間通って、看護師と保健婦の免許を取得するための国家試験を受ける資格がもらえます。

同じ大学で助産婦の免許ももう1年通えば受験資格がいただけます。
学校を変わることなく途中で進路を追加できるのもいいところだと思います。

同じ敷地内に附属病院もあるため、実習もそこで行えるために便利だったとおもいます。
公立であったため、授業料も安く助かりました。


社会人で目指す方には医師会立の学校が良いです。

みぃこさん 

0

地方の医師会立の看護学校になります。
看護専門学校です。

地方では看護大学は少ないので、一番入りやすと思います。
仕事をしながら通えるのはメリットです。
学費も安くて実践向きな学校です。

社会に一度出てから看護師になる人、既に家庭がある人、中学卒業して、お金がない人には助かります。


キャリアを目指すなら大学を!

ほっぺさん 

0

通っていたのは四年制大学です。

大学へ通うメリットとしては、就職後のキャリアアップが専門学校卒よりもできるという点です。

キャリアを目指す人は必ず四年制大学を選んだほうがいいと思います。
また、資格も保健師資格も取得できるので、給料もあがります。


知識が身に付き技能が伸びやすい

大学生さん 

0

4年制大学へ通っていました。
大学のメリットは、専門学校は実技メインのことが多いですが、大学では基礎的な知識からしっかり学ぶことができることです。

じっくり座学もできるので、すぐ実践に向かなくても知識がついていることで技能は伸びやすいと思います。


研究の基礎が学べるので就職後も便利です。

ルーさん 

0

四年制大学へ通っていました。
大学のメリットは、在学中から研究にも携われることです。

大学病院へ就職すると、よりよい看護を提供するためにも、看護研究をおこないます。
大学では研究の基礎を学ぶことができるので、就職してから有利です。


将来のことも考えて大学を選びました

みきさん 

0

4年制大学です。
いつかナースが嫌になって転職するときも、最低大卒であれば転職先の幅も広がります。

ナースになってから「やっぱり大学行っとけばよかった!」ってナースしながら通信などで大卒を目指すのも楽ではありませんしね。


0.0 0.0 15 15 私は5年一貫教育の看護科がある県立高校出身です。高校から専攻科まで1つとなっているので短大などより最短で看護師になる 看護師になるには!?専門学校・短大・四年制大学どっち?