【サイト内検索】

看護師のメリットやデメリットって何!?


看護師になってメリットに感じる部分や、
逆にデメリットに感じる部分ってあると思います。

実際にみなさん、どんな時にメリット&デメリットと感じるのでしょうか。
みんなのアンケート結果です(´▽`*)

エピソードを投稿する


Submit your review



看護師のメリットやデメリットって何!? SKU UPC Model

身内の体調不良時に落ち着いて対応できる

よーこさん 

0

病気のことに詳しくなったので、家族が具合が悪くなった時でも、落ち着いて考えたり対応できるようになったと思います。

でも、逆に「こんなことで病院を受診したりして馬鹿に思われないかな・・」とかそんなことを気にしてしまうようになってしまったのがデメリットです。


ドラマを観ていて感情移入しやすい

ぽーたんさん 

0

よくある医療系のテレビドラマをみていて、聞き慣れない言葉や動作などもわかることが多くて楽しめます。

スタッフ同士のやり取りなども「わかるなあ」と感情移入しやすく、親しみやすく感じるのがメリットですが、デメリットとしては「絶対にこんなことあるはずない」っていうことも多く目につくようになると、馬鹿げているように思えてしまいます。


不景気でも安心

おかあちゃんさん 

0

メリットとしては、安定した求人需要があるので、不景気でも就職で困ることはないし、人間関係等が上手くいかず離職してしまっても、転職先がたくさんあり、それなりに高い安定した収入が望めるので安心できます。

デメリットは、女性社会ならでわの人間関係のわずわらしさがあり、看護師の間だけでなく患者さんとの人間関係もあるので、精神的にしんどいですし、
車椅子からベッドやトイレへの移乗をおこなったりと肉体的にも厳しく、健康であり、それなりに力を求められるので、肉体的にも厳しい事だと思います。


就職には困らない

おくぴーさん 

0

 看護師免許を取得して良かったと思うことは、就職に困らないということです。なので、お金を貯めて自分の好きなことを始めることが出来ます。
例えば私のように退職して、留学し、その後帰国し、再就職することも容易に出来ます。
他の仕事に就いていれば、こうは出来なかったと思うので看護師になってよかったと思います。

デメリットでいうと、看護師というだけで一般教養がない非常識なイメージをもたれることが少なくありません。

それは今の看護師育成制度に原因があり、中卒の看護師、高卒の看護師、専門学校出の看護師、大学出の看護師、全てが同じ資格で同じ仕事をしているので、それぞれに学びのレベルが違うことをもっと知ってもらいたいです。


患者さんとお産の感動が味わえる

まみさん 

0

私は元産婦人科の看護師です。

看護師になってのメリットは患者さんの笑顔、患者さんとの係わりにより良いお産にして行き、患者さんとお産の感動が味わえることでした。
デメリットは夜勤をしないとお金にならないことと、残業が多かったことです。


無駄に相談される

こんさん 

0

看護師というだけで、無駄に健康相談をされる。
自分の働いている科以外のことを聞かれても、正直分からないことの方が多くて困ります。

でも、働いている科のことは、ばっちり分かるので、自分が出産するときなどは、オロオロせずに過ごすことが出来ました。


出産した産院で思ったこと

あさみさん 

0

自分が出産で入院したときに、だいたい病院のシフトやシステムが分かるので、スタッフの忙しい時間帯や交代時間が把握できて、スタッフをイライラさせず、快適に過ごすことが出来ました。

でも、それ以上にスタッフの苦労が分かるので、逆に気を遣いすぎてしまいました。


一定した収入が得られる

加奈さん 

0

メリットに感じることは、「病気や健康についての知識を深められる」、「資格職なので一定した収入や仕事が得られる」などです。

一方、デメリットは、「シフト制の勤務によるカラダの酷使」、「休日出勤や年末年始も仕事があるので、一般のお仕事の人、会社勤めの友人や恋人などと休みが合わない」ことなどです。

合コンでは看護師さんは合コンうけが良いというイメージがあると思われる方も多いと思いますが、現実にはお付き合いやデートとなると時間が合わなかったりして、難しいことも多い印象です。


転職しやすい

奈美さん 

0

転職がしやすい事でしょうか。

やはり「手に職」ですし、看護師の求人は多いので、一つの職場にこだわらず、給料、待遇、自分のやりたい分野であったりと、今より好条件であれば、転職できやすいです。人の命を預かる、責任ある仕事ではありますが、その分仕事内容は大変です。

良く3Kとか5Kとか言われますが、やる気も出る仕事である半面、燃えつきやすい職業でもあります。


就職には困らないのがいいところかな

真澄さん 

0

看護師になって良かったと思うのは、専門職でありどこに行っても就職に困らないこと、病院以外にも働く場所があるということです。

逆にデメリットは、仕事量や精神的負担の割には給料が安く昇給も少ないこと、また、夜勤があり体調が優れない日が続くことです。


体調の変化にいち早く気付ける

よっしーさん 

0

看護師をしていて良かったことは、自身や身内などの体調の変化に落ち着いて対処できる部分でした。
もちろん、ちゃんと診察や検査をして診断を聞き、治療というのが大切になる部分はありますが、子供が小さかった時の熱性痙攣の時など、パニックになる近所の方に呼ばれ対処した事もありました。

この様な突発的な症状をはじめ、風邪を引いた時の経過観察や、どこかに異常を感じた際の経過観察ポイント等の知識が少しあるだけで焦らず対応できる事は看護師をしていたからこそのメリットだと感じています。


病気感染の危険性

YAMAMOTOさん 

0

看護師をしていてデメリットといえば、やはり病気の感染の危険性を抱えての職であることですね。
細心の注意を払ってはいますが、同じ勤務先の看護師がA型肝炎の患者さんに刺した針を誤って自分の指に刺してしまう事故が起こり、劇症肝炎で生死の境に陥ったのを目の当たりにしました。
幸い大事には至らず回復し職場復帰できましたが、どれだけ注意を払っていても時に、この様な事故が自分は大丈夫だと言い切れない職であるのは間違いないですね。


病気にやたら詳しくなる

ハッピーさん 

0

看護師のメリットは、病気に詳しくなるので子供ができてからは、熱や嘔吐下痢等の病気の時の正しいケアの仕方がわかるといううことです。
知識があると特にパニくることなく落ち着いて看病できます。

デメリットは、友達に、看護師は病気のケアができて当たり前と思われているところです。医者がすることでも、何でわからないの?と言われたり、子供が風邪をひいた時でも、看護師なら風邪をひかせないようにするのが当たり前と思われています。


いろいろ聞かれるのがうっとおしい

みるみるさん 

0

私がナースだからと、夫の友人が夫経由で、あれこれ症状の事を聞いてきて「これなんの病気!?」とか聞いてくるのがうざったいです。

「????科のクリニック行けば?」くらいしか言えることがない。
私なんて精神科ナース一本だし詳しくはわかんないよ、聞かないで!
不安とか違和感は聞いてあげるけどね!ってヤケクソです。


手に職があると強い

Hanaさん 

0

メリットはなんといっても手に職という資格です。
私は妊娠を機に退職したのですが、またいつでも働こうと思えば働けると思い、今しかできない子育てに専念しようと決断できました。

子育て後に働く際も、資格があるのとないのでは差があると思います。
時給も普通のパートよりはいいので、短時間でより多くの収入を得られるし、その分の時間を家事や育児に回せます。

また、年齢がさほど高齢でなければ、もう一度本格的に働くことも可能です。

デメリットは、休日がバラバラだったり、夜勤やオンコールがある職場もあるので、家族の理解や援助が不可欠です。


役に立てると嬉しい

すーさん 

0

やっぱり医療知識があるので知人が体の調子が悪い時などに助けになってあげられることがメリットかな?

感謝されるし、私も役に立てて嬉しいですね。

逆にデメリットはやはり不規則なシフト。
体もしんどいし、特に肌はボロボロになってしまって、同じ年の友人より友人老けて見られちゃいます。
あとほかの職業の友達たちと遊ぶ予定が合わなくていつも寂しく一人で過ごしていました。


いろいろありますね・・・

ふぉーらむさん 

0

メリットとして感じることは給与が良いことです。
単発のバイトであっても、だいたい需給は1600円~になっています。

さらに、地域や病院での活躍の場が広く、採血が苦手だったり、人間関係はもう嫌、という場合にでも
就職先は沢山あります。

デメリットとしては、責任が重い事です。
特に介護の世界においては、介護福祉士は名称独占であり、また無資格者でもできるので
何かあれば看護師に責任が圧し掛かる場合もあります。

また、病院では患者の多く、状態の観察が大変で残業がある場合もあることです。


0.0 0.0 17 17 病気のことに詳しくなったので、家族が具合が悪くなった時でも、落ち着いて考えたり対応できるようになったと思います。でも 看護師のメリットやデメリットって何!?