【サイト内検索】

看護師トップの看護部長の役割と給料


看護部長とは、病院で働く看護師のトップです。多岐にわたる重要な役割と大きな責任を担っています。看護師全体を統括する看護師の代表であり、病院で1人しか存在しない役職です。

看護師全体をまとめるマネジメント

看護部長の役割は、病院の運営に沿って看護部の計画や目標を明確にし、看護師全体をまとめるマネジメントを行うことです。

各部署と連携しながら、看護師へ徹底した教育や指導を行えるような地盤を作り上げます。そのためには現場で働く看護師の現状を把握して、意見をまとめて病院に提示、反映させることが大切です。定期的に見直し、問題点や改善点があれば早期に対応策を構築させなければいけません。

教育や業務管理・人事の担当

看護師の教育や業務管理、人事を担当することも重要な役割です。看護部長は直接現場とかかわる機会が少なくなるため、現場を熟知している看護師長との連絡・調整はかかせません。看護師の現場での働き方を確認して、質の高いケアを提供できるように教育していくこと、働きやすくやりがいを持てる職場となるよう、必要な環境作に努めます。

安全管理・病院の経営や運営

病院は少しのミスも起こしてはいけません。看護部長は安全管理の責任者です。事故防止マニュアルを作成して、患者に安全な医療が提供できるように、看護師1人1人が高い安全意識を持てるように取り組みます。

細かなインシデントであっても報告し、それをスタッフ同士で話し合い、今後の事故防止へとつなげていくことが責任者として大切な役割です。それでも問題や医療事故が起こる場合もあり、そんなときは個人の問題としてだけではなく組織全体の問題として対応するので、患者へ直接謝罪するなどの役割もあります。

また、病院の経営や運営にも関わるため、病院長などのサポートや会議への出席、看護師の代表として病院外の医療者や関係者への対応も行います。看護師長の権限は大きいですが、それ以上に大きな責任があるのが看護部長です。

求められる能力

部下のスキルアップ、能力などに合わせた配置転換、新人看護師採用の面接など、人間性を見抜いて教育できる能力が求められます。また、看護師長が悩んでいるときには相談に乗るなど、支えになる存在でなければなりません。

いかなる時も公平かつ平等に評価して、対応できる姿勢が大切です。適切な判断力と行動力と持ち、組織として機能するための良好な人間関係を確立できる看護部長でなければ、他の看護師からの信頼を得ることができません。

専門職としての高い能力と同時に、人間として尊敬できることが大切だと思います。そのため、看護部長自身も常に学んでいく姿勢が求められます。

給与

看護部長は、その役割の大きさから給料も高く設定されています。一般的に民間の総合病院や大学病院の平均年収は650~800万円、公立病院の平均年収は850万円、国立病院の平均年収は950万円程度だといわれています。

看護師としての勤務経験が評価されることもあり、病院の規模や規定によって大きく異なるのが現状ですが、中には1000万円を超える病院もあります。