【サイト内検索】

看護師長の役割とは?平均年齢と年収


看護師長は、部署の責任者であり、看護師全員をまとめる看護師のことです。患者・家族の支援だけではなく、看護師が安心して働ける環境作りを行うなど、多岐にわたる役割を担っています。

どんな役割があるの?

看護師長の役割は、看護師が円滑に業務を行えるように管理することです。他部署や医師との連絡調整の役割も担っており、部署のチームリーダーであり、業務の決定権を握っています。

業務内容の確認、勤務表作成、配置転換や優秀な看護師採用のための面接など、人事調整とマネジメントを行います。そして、看護師の質の向上とチームワーク強化に目を向けて、目標の立案と目標達成のための的確な指示、そして定期的な見直しが欠かせません。

また、看護師という仕事は精神的なストレスと身体的な負担が大きい仕事であるため、看護師自身のケアが必要になることも多いです。看護師1人1人とコミュニケーションを図りながら、問題を抱えている看護師がいれば相談やアドバイスを行います。そして、看護師個人の能力の把握を行い、長く勤務してもらえるような、よりよい職場環境の改善にも積極的に取り組むことが必要です。

看護師長は、医療事故防止に向けての危機管理の責任者でもあります。危険な機材や薬剤を取り扱うことが多く、生命と直接かかわる現場は少しのミスも許されません。正しい知識と指導能力を持ち、事故を未然に防ぐように徹底的に教育していくことが求められています。

働きやすい職場環境作りのためには、組織としてまとまりをもっていることが大切です。そのためには、部下である看護師から信頼できるリーダーでなくてはいけません。看護師としての高い能力とともに、迅速かつ公平な態度で、冷静な判断と的確な指示ができることが必要です。看護師長という立場は大変ですが、看護師としての能力が発揮できる役職ではないでしょうか。

40代以降が多い

看護師長は、一般企業では課長に当たる役職です。看護師としての能力によって評価されるため、年齢の目安はあるものの年齢だけで判断されることはありません。しかし、看護師になってからの様々な経験の積み重ねが必要となるので、40代以降の看護師長が多く存在しています。能力次第では、30代で師長なることも可能ですが、病院によって評価の方法が大きく異なり、年齢も差があります。

看護師長は内部からの昇進でしかなれないことの方が多いので、同じ病院働き続けるしかありません。そのため、早く師長になりたいと思っていても、今までの自分自身の経験や病院の規模によっては昇進が困難な環境となることも考えられます。もし、30代で師長になりたいと思うのであれば、看護師が比較的少ない小さい規模の病院を選ぶなどの考えも必要です。

自分が専門看護師や認定看護師としてキャリアアップしたいのか、また看護師長や看護部長としてキャリアアップを目指していきたいのかを考えた上で、就職先を選ぶことが目指す道への最短距離となるでしょう。

給与

看護師長の責任は大きく、役割も多岐にわたるため、給料も高く設定されています。総合病院や個人病院など病院によって規模や規定が違うので、大きく異なります。看護師長になると夜勤が免除されることが多く夜勤手当はつきません。しかし、管理職手当がつきます。

年齢や看護師としての勤務年数でも評価されますが、平均して年収600~700万円だといわれており、中には1000万円を超える病院もあります。魅力的な金額であることは間違いありません。