【サイト内検索】

看護師 シフト制≪2交代制や3交代制≫



看護師として一般的な総合病院に就職すると、
その勤務形態はシフト制で、2交代、3交代に分かれていると思います。

これまでは、3交代制を採用している施設が
ほとんどだったのではないかと思いますが、
現在では、3交代制が7割、2交代制を採用している施設が3割となっていて、
徐々に2交代制を採用する施設が増えてきているようです。

これまでの看護師の働き方として、
一般的な勤務形態だった3交代制だと思いますが、
もちろんメリットやデメリットもあったと思います。

メリットとしては、勤務時間が3分割のため、
家で食事を済ませてから出勤することができ、
家族と過ごす時間を取りやすいということがあるようです。

また、緊急入院などのベッドの割り振りを深夜帯では
深夜スタッフのみでしなければならず、

その際に先輩の準夜勤スタッフが記録などで残っていた場合には、
相談ができたり、引き継ぎでわからなかったことを聞くこともでき、
さらには手助けしてくれることもあるのでとても心強いということもあるようです。

反対に、デメリットとしては日勤深夜などのシフトが組まれると、
身体が休まることなく深夜入りしなければならないので
つらいということや、準夜勤の単発の休みでは、
身体が休んだ気がせず疲れが取れないと感じている看護師も
少なくないようです。

さらに、3交代では出勤日数が多くなり、
病院にたくさん来ている気がして
休んでいる感覚がないといった声も聞かれています。

勤務形態のメリットやデメリット

一方で、最近徐々に増えてきている2交代制では、
基本的には12時間ずつの割り振りとなるようですが、
施設によっては当直で16時間と日勤帯の8時間など、
勤務時間の不規則な「変則2交代制」が組まれるところもあります。

そのメリットとしては、日勤・夜勤と気持ちが切り替えられるので
慣れれば3交代制よりも負担が少なく感じるという声が多いようです。

また、引き継ぎが一回でいい、患者さんの状態を把握しやすいといった、
患者さんにとってメリットとなる点もあります。

さらには、夜勤・深夜の勤務時間が増加し、
その分の手当が増えるので、収入UPになるといったことも
挙げられるのではないかと思います。

そして、看護師の勤務において大きな課題ともなる、
身体の疲労の回復についてですが、
夜勤明けから次のシフトまでの間隔が長いために
休息時間が確保しやすく、その点の評価が高いことも特徴のようです。

また、有給などをうまく組み合わせると休暇も取りやすく、
出勤日数が少ないので通勤コストが削減できるといった
業務以外のメリットもたくさん感じている方がいるようです。

反対にデメリットとしては、夜勤が途方もなく長く、
忙しい時には地獄と感じたり、拘束時間も長くなるので、
3交代夜勤より気力・体力が必要であると、
その勤務時間の長さに不安を感じている看護師がいることも事実のようです。

現に、夜勤明けの頭はビール5杯を飲んだ状態になると言われており、
そんな中で判断能力や責任能力を問われながら、
命にかかわる仕事をしているということを考えると、
本来人間が寝るべき時間にまったく寝ずに
集中力を保ち続けなければならないという現実について、
もっと深刻に考えるべきだと言えるかもしれません。

2交代制は休日が増えるため、希望する看護師が増えてきており、
徐々に2交代にシフトチェンジしている病院も増えてきています。

しかし、2交代のメリットは、
看護師よりも病院側に多いというところが本音のようです。

忙しい時間帯に多くの人員を配置でき、
3交代よりも看護師数が少なくて済むからです。

また、シフトも組みやすく、人員が減るということは
タクシーチケットの利用数も減り、コスト削減につながるからです。

病院側のデメリットとしては、看護師の負担が大きくなることで
離職率が高くなる、待遇を考慮しないと
看護師の確保が難しくなるということが挙げられるようですが、
それよりもメリットの方が大きいために、
2交代制を採用する施設が増えてきているという背景になっているようです。

様々な思惑があっての変革のようですが、
一番は患者さんに不利益がないように、
そして看護師自身が大きな負担と犠牲を抱えずに
働き続けられる環境づくりが進んで行けばいいのではないかと思います。