【サイト内検索】

看護師 働くママ≪苦労や悩み≫


ママナースが活躍できる職場!

現在では女性の社会進出もどんどん進み、
意欲的に仕事に取り組む女性も増えてきたので、
働きながら子育てをする“働くママ”もとても多くなってきました。

そしてそれは、不規則労働かつ人材不足で
多忙を極めている看護師の世界も、例外ではありません。

学校を卒業して病院に就職し、何年かそこで働き続けることによって、
自分の看護師としての能力に自信が付き、
仕事の面白さややりがいにも目覚めた為に、
仕事を続けたいという方もいるでしょうし、

金銭面などの理由からもやむなく続けざるを得ないということもあるかもしれませんが、
いずれにせよ、結婚・出産をしても、
引き続き働きたいと思う看護師さんはとても多いようです。

ですが、実際に子どもを育てながら仕事をしていると、
次々と悩ましい事が起きるのもまた事実であり、
致し方のないことではないかと思います。

託児所や保育園!働き方のコツ

夜勤のある仕事に復帰した場合には、
24時間預かってくれる託児所が利用しやすい近くにないと、
面倒を見られる人がいなくて難しいということもあるでしょうし、
子どもが大きくなってくると、
保育園や学校の行事などでたびたび休む必要も出てくることと思います。

また、保育園では熱が出るなど体調が悪くなった際には、
すぐに迎えに来いと連絡が入ります。

小さいうちは、体調も崩しやすいのでその頻度も多く、
職場の理解や協力が必要不可欠になり、たびたび休んだり、
突然のお迎え早退などに、苦労したり悩みを抱えているというママナースも
多いのではないかと思います。

そのため、それらが解決できない場合には、
夜勤のない外来や透析室、クリニックに就職・転職したり、
パート勤務に切り替えるという方も多いのです。

ですが、それでも病院のような大きな施設で働きたいと思う
看護師さんもいるのではないでしょうか。

そんな方は、まだまだ数は多くないですが、
徐々に増えつつある「子育て支援制度」の整っている施設を探してみるということも
一つの働き方のコツと言えるのではないかと思います。

短時間正職員制度がある所や、託児施設、保育室を併設している病院などです。
現在では、24時間保育可能な院内保育を備えている病院は多くなってきています。

また、急な子どもの体調不良などによる早退や欠勤の際、
周囲に理解をしてもらい協力してもらうためにも、
日ごろからスタッフとのコミュニケーションをしっかり取ったり、
自分が他のスタッフの休み希望の際には代わりに出勤するなどの努力も必要となってくるでしょう。

さらに、子育て世代や、
子育ての終わった理解のある上司が多い職場を選んでみるということも
コツの一つかもしれません。

そういった内情は、ハローワークなどの紙面だけの求人情報では分からないので、
ネットの職業紹介サイトや仲介サイトなどに登録をして、
情報収集するといいのではないかと思います。

子育てをしながら仕事を両立させるということは、
自分自身の努力だけでは難しいと思う場面がどうしても多くなってしまうことでしょう。
家族の協力と共に、職場や同僚の協力も得られるかどうかが、
その成功のポイントといえそうですね。