【サイト内検索】

看護師 副業 ばれない≪禁止?確定申告≫


看護師のお給料は、同じ年齢の人が貰う
他の職業と比べて比較的良いとされていますが、
中には、さまざまな事情によって
今のお給料では足りないと感じ、
副業と言われる他の仕事を掛け持ちで行っている方がいます。

 
副業…と一口に言っても、
自宅で行うアンケートサイトへの登録のような
簡単なものもあれば、
がっつりと他の職場に所属して
アルバイトのような形でしっかりとした収入を得る副業も
実際に行われていることがあるようです。

看護師という仕事は、フルタイムで
1つの病院に所属するだけでも、
とてつもなく大変な事だと思っていましたが、
個々の抱える事情や体力的に余裕のある人には、
「まだまだできる、稼ぎたい」と感じるのかもしれません。

 私が以前勤めていた病院は、
某大きな公的病院で職務規定に“副業禁止”の記載がありました。

そのためか、周囲には副業をしているといった人は見かけず、
そんな噂を聞くこともなかったのですが、
もしそれもうまく隠してやっている人がいたとしたら、
なかなかのツワモノですね。

自分の体力的に両方こなせるのだから、
誰にもバレなければ構わない。

確定申告も、一定の金額以下ならしなくてもいいし、
もしも必要ならバレないようにどうにかうまくやる方法もある…。

夜のバイトはバレる?

個人的には、一つの大きな病院に就職しているのであれば、
日々の看護業務や、それぞれに任されるデスクワークなどを抱えると、
患者様に影響の出ないように体力や体調を管理して維持をしながら、
そのすべての業務をこなし、日々新たに出てくる
医療の知識を習得するための自己学習をカバーするだけで、
ものすごい労力と精神力を消耗する気がしますが、

実際に正社員で、程度に差はあれど副業をされている方は
そこまでの責任感を持ってやられているのか
正直疑問を感じずにはいられません。
 
それでも実際に掛け持ちをやられている方に言わせれば、
そんなこと解っているし、自己管理できる範囲内でやっているのだから
何も言われる筋合いはないと思われてしまうかもしれませんね。

小さな個人病院の場合は解りませんが、
大きな病院の職務規定に副業禁止の記載があるということは、
その現場で起こるすべての事象にしっかり責任を持って取り組んで欲しいという
病院側の思いも込められているような気もしますが、どうなのでしょう。

今以上に収入が欲しいと思う看護師がいて、
どうにかその事実が隠せる方法があるとしたら、
禁止されていても副業を行う看護師は今後も存在し続けるでしょう。

職務規定に触れるということ以外、
そのことを咎める要素はないわけで、
それが看護師だから問題になるけれど、
仕事の掛け持ちはよく考えれば
他の職業の大人も普通にしていることなのですよね。

確かに看護師の仕事は、他より少しお給料が良くても
その仕事内容から考えれば不十分だとも思います。

この問題を考える時には、
看護師の現在の賃金の状況も合わせて考えなければいけないのかもしれません。