【サイト内検索】

看護師 忙しい科≪時期≫


看護師の仕事といえば、いつも一言で
「忙しい」と表現されることが多いと思います。

確かに、基本的には看護師という職業は
目の前の患者さんの対応が終わっても
次から次へとひっきりなしにまた違う患者さんが現れて、
それぞれに要求や主張をしてくるのでその対応に追われ続けるものだと思います。

そして、看護が必要とされる場面は、
本当に多種多様となっています。

各診療外来、各診療病棟、救急外来に手術室、
透析室などがありその部署ごとに、その忙しさの種類や度合い、
また忙しいと感じる時期なども異なるのではないかと思います。

一般的に、『看護師の忙しいイメージ=バタバタと走り回ったり、
患者の急変が多く緊迫している』といったものになるのではないかと思いますが、
実際に現場で働いていると確かにそういった忙しさを感じるときもありますが、
他にも書類提出などの雑務が増える時期や、
配属移動や新人受け入れが重なる時期などにも、
一人ひとりの負担が増え、“忙しい”と感じることになる要因にもなるのです。

よく、外科系の病棟は忙しそう、
内科系や回復期の病棟はゆったりしているから楽そうといったイメージを耳にしますが、
実際にその部署で働いている看護師にとっては
「そんなことはない」と心外に思うこともあるようです。

外科病棟では、ある程度決まった流れで手術をして退院していくので、
回転率も高くそういった一連の業務に
常に追われた忙しさを感じることになるかもしれません。

ましてや、その病院が救急部門も行っていたとしたら、
緊急の入院やオペ出しなども突然入って
てんてこ舞いということになるでしょう。

病院の外科病棟や内科のイメージ

世間の看護師の忙しさのイメージは、どちらかというとこっちになるのですよね。
一方の内科系や、回復期、療養型の病棟では、
決して回転率が高いわけではないけれど、

その分一人ひとりの患者の生活自立度が低かったり、
看護援助のレベルが高かったりと、
もしかしたら急性期外科病棟よりも
看護師としての技術面の忙しさでいえばはるかに上回るのではないかと思います。

外科病棟よりも、季節的な忙しさの変動はないかもしれませんが、
逆にいうと1年中いつも同じレベルで忙しいということになるのかもしれません。

また、疾病発生の特徴によっても
忙しさの波に襲われる診療科・病棟があります。

夏場になると、脳卒中の発症が増えると言われていますので、
脳神経外科に関連のある病棟は入院や緊急手術などの業務が増えます。

冬場になると、脳卒中や心臓疾患が発症しやすくなるので、
脳神経外科病棟に加え、ICUや心臓外科病棟も
患者の増加が必然の流れとなるでしょう。

ちなみに、それに伴って、同じ時期には救急外来や、
手術室もとても忙しくなることは言うまでもありません。

ここまでいろいろと説明してきましたが、
仕事内容の忙しさにはやはりその病院自体の特徴や、
方針なども関係があるようです。

病棟で扱う疾患の幅や、年齢層の幅、重症度の幅によっても、
同じ科の病棟でもその仕事内容は大きく変わるようです。

この、病棟や診療科に対する忙しさのイメージは、
どちらかというと看護職についている私達より、
一般の人たちの方が強く持っているかもしれません。

そして、時折心なくそのイメージを投げかけられることもあるかもしれませんが、
誇りを持って日々の仕事に取り組んで、
あまり気にしないようにしなければいけないのかもしれませんね。