【サイト内検索】

看護師 楽な職場≪就職や転職とストレス≫


ストレスのない職場で働きたい

私は看護学校を卒業後、
総合病院の整形外科と皮膚科の混合病棟で、
約3年間働いていました。

そこは私にとってはとても思い出深い職場で、
楽しい思い出もたくさんあり、
当時の同僚とは少し遠距離ですが、
今でも年に一度は会う親友です。

しかし、仕事自体はストレスを多く感じ、
自分に合っていた職場とは言えませんでした。

日勤の始まりは午前8時からだったのですが、
1時間前の午前7時頃には出勤し、
業務の準備や情報収集をするのです。

特に就職して一年目の新人時代は先輩たちよりも早く出勤し、
早く仕事を覚えたいという気持ちを
態度で示さなければならないような傾向があり、
朝が弱い私にはとても辛い事でした。

そして、日勤の業務は目が回るように忙しく、
他の看護師たちもみんな業務に追われバタバタと走り回り、
報告や相談ですらタイミングを見つけるのに一苦労な状況でした。

残業は当たり前で、
時間通りに終業することはほとんどありませんでした。
帰宅するのは平均午後7時~8時で、
帰宅後は、足のだるさやひどい頭痛に襲われ、
しばらく椅子に座ったまま動けないような状況でした。

そんなハードな日勤が数日続くと、
深夜、深夜、準夜、準夜、休みが1クールの勤務が始まるのです。

忙しいからといってミスが許される職業ではないので、
休みの日も次の日が勤務だと仕事のことが頭の隅から離れず、
常に緊張感がありました。

2年目と子育て中のベテラン!訪問看護や整形外科

就職して2年位経った頃から、
楽な職場に変わりたいという思いはどんどん強くなっていき、
最終的には結婚を理由に退職しました。

結婚し2人目の子どもを出産後、
ゆっくり患者さんと向き合って話がしたいという思いから、
訪問看護ステーションに就職しました。

ベテラン看護師ばかりだったので最初は不安がありましたが、
少人数だったこともあり、
とてもアットホームな雰囲気ですぐに馴染むことができました。

業務は、時間になると利用者宅に訪問し、
決められた時間内に状況に応じて必要な援助を行います。

主な内容は、バイタルサインや一般状態の観察、
服薬状況の確認、点滴や胃ろうの管理、
創の処置、排泄や保清の介助、家族の介護相談などです。

人間対人間の関わりなので相性などの問題や
誰の手も借りることなく
一人で時間内に業務を終えなければならないなど
訪問看護ならではの大変さはありますが、
自分のペースで仕事ができるので、
人に気を遣いやすい私にとっては前の職場に比べると
随分と働きやすく感じました。

また、学校行事などの予定がある時は前もって伝えておくと
訪問件数を調整してくれるので、
気軽に休めることも働きやすさを感じました。

家庭があり、子育てをしながら働くことはとても大変です。
しかし、自分が今、何を一番大切にしたいのか、
自分の性格や置かれている立場、
将来のことなどをよく考え、より条件に合った職場を探すことで、
働きやすい職場はきっと見つかります。

せっかく一日の多くの時間を過ごす職場なのですから、
無理をする事なく、楽しく、
やりがいを持って働きたいですよね。

気が楽な職場で働くことは家庭と仕事をうまく両立させ、
長く働き続けるための秘訣なのではないでしょうか。

  • 看護師一年目の辞めたい悩み
  • 看護師として働きながらの子育て