【サイト内検索】

看護師 種類 資格≪給料≫


一口に『看護師』といっても、
実はさまざまな仕事内容によっていくつかの種類に分けられています。

まず、一般的にも知られている区分である「准看護師」と「正看護師」です。
正看護師が医師の指示のもとに医療行為の補助や看護が行えるのに対し、
准看護師は医師・看護師の指示を受けて補助業務や看護を行いますが、
ほとんどその仕事内容は変わりません。

しかし、准看護師の一番の大きな特徴は、給与が少ないことや、
ずっと『廃止』の議論がされているため、
いつその免許が使えなくなるかがわからないという点です。

そのため、都市部などの地域によっては
正看護師しか採用していない病院もあるようなので、
取得には注意が必要そうです。

現在準看護師として働いている方も、
働きながら正看護師の免許取得に向けて勉強を行っているという人が多いようです。

一方の看護師についてですが、
基本的なイメージとしては病院で見かける業務が一般的だと思います。

ですが、実は看護師として働くには、本当に様々な選択肢から選ぶことができるのです。

現在では、病院やクリニック等の従来の働き方の他にも、
保育園や企業の医務室、健診センターやイベント同行業務など、
多岐に渡る場面において看護師の存在が必要とされています。

ですので、「看護師免許」という一つの資格を取得するだけで、
どのような働き方をしたいのか、じっくり考えた上で
自分の働きたい形でその資格を使うことができるのです。

そして病院での経験を重ね、
スキルアップを目指していく働き方を選んだ場合には、
その先に認定看護師、専門看護師、
特定看護師という資格のステップアップを目指すことができます。

就職先や転職!役割・仕事内容

認定看護師とは、特定の看護分野において
熟練していると認められた看護師のことです。

日本看護協会による「認定看護師認定審査」に合格する必要がある資格です。
専門看護師とは、高水準な看護の提供のために
特定の専門看護分野における知識や
看護技術を向上させる目的で働く看護師のことです。

日本看護協会による「専門看護師認定試験」に合格する必要があります。
特定看護師とは、本来は医師が行うとされている医療行為の一部を、
限定的に行うことができるとされる看護師を指します。

こちらの資格を取得するためには、いくつかの条件を満たし、
看護系大学の大学院修士課程を修了した上で、
第三者機関によって知識・技術などの能力が
一定以上であると認定される必要があるなど、
その難度はとても高いものとなっています。
2015年度にも開始される見通しとなっています。

看護師免許を取得するためには、国家資格試験に合格する必要があり、
合格すると申請によって免許が交付されます。

国試の受験資格は、専門学校、短大、大学の課程修了で得られるのですが、
就職後最終学歴によって収入に差が出たりと、
その影響があることも事実です。

ですが、看護師免許があるだけで、求人にとても有利で、
転職にもとても役に立つこともまた現実です。

求人の幅も広く、今後も必要とされる場は広がり
さらに就職先には困らなくなるのではないかと思います。

ですが、看護の領域には本当に様々な診療科があったり、
専門領域があり、それらについて十分な知識と確実な技術が必要です。

看護師という資格は、取るまでもとても大変な領域ですが、
資格取得後働き始めてからも
辛くしんどいことの多い職業であるということを理解し、
高い志を持って挑戦してもらえたらいいのではないかと思います。