【サイト内検索】

看護師 転職 タイミング≪一年目~三年目≫


看護師として働き始めた一年目は、仕事に付いていくのがやっとで、
その量と看護師としての仕事の責任の重さに改めて気付かされ、
“辞めたい”という気持ちがいつも頭を回っている…という方も多いのではないでしょうか。

そこでグッと歯を食いしばり、二年目、三年目と経験を積む中で、
今度は新人の時とはまた違う視点の業務や責任がのしかかってきたり、
さらにはこれまで以上に上司や先輩との人間関係に悩むことも多くなり、
やはり気が付けば“いつ辞めようか”“どのタイミングで辞めようか”などと、
辞めることばかりを考えてしまっている…という方も少なくないのではないかと思います。

看護師の「早期離職」については、たびたび取り上げられることもあり、
資格を持ったまま看護師の仕事に就いていない潜在看護師についても
社会的に話題になる事も多いのですが、そんな中で今よりさらによりよい職場環境を求めて
、転職を選択するという方もいらっしゃいます。

中には、短期間に転職を繰り返すという方もいるようですが、
転職を繰り返している人のきっかけは、やはり人間関係が原因であることが多いようです。

退職を繰り返す?人間関係の悩みなど

ちなみに、このきっかけで転職を繰り返している方に年齢は関係ないようで、
20代~40代とどの世代にも見受けられています。

そして、一つ目の職場が3年未満での転職となった看護師は、
部署や環境が変わっても3年以上続けることが難しそうな印象を受けます。

また、転職経験が多い看護師の他の理由として、
「経験を積んでいく上で他にやりたい分野が次々と出てきた」ために、
その度に転職をしているという方もいるようです。

もちろんそれ自体はまったく悪いことではないのですが、
いざ転職のために面接を受けるとなったとき、
面接先の施設からは「ここで採用しても、また仕事を覚えた頃に“他にやりたいことが見つかった”と辞められては」と
就職に不利になってしまうこともあるようなので、注意が必要となりそうです。

ですが、看護師としての仕事内容や職場環境には実に様々なものがあるので、
心や体を犠牲にしてまで辛い職場で働き続けることはないと思いますし、
せっかく看護師の資格を取ったのですから、その資格を活かして“自分が好きと思える仕事”を見つけて
働き続けるということもとっても重要なことではあると思います。

そのためには、転職によって重ねてきた施設での経験や知識が無駄ではなかったということを
面接や履歴書で上手くアピールすることが必要となってきますし、
自分が求めている条件を満たす職場をしっかり探し、
ここで経験を積みたいということをちゃんと伝えるということが大切になってきます。

ですが、これまで転職を繰り返してきたという方は“自分が求めている条件を満たす職場”を
ちゃんと見つけることができなかったために、
そのような結果になってしまったという部分も少なくないのではないでしょうか。

そんなときは、転職サイトを活用したり、
転職サイトのコンサルタントに相談するという方法も有効な策であることがあります。

自分だけでは集められない施設の情報や、気になっている施設や部署の内情などについて、
独自の情報を持っているサイトも多くあります。

よりよい環境を求めた転職は、回を増すごとに不利になることもあるということを頭の片隅に置いて、
できれば次の転職で長く務めることのできる職場に出会いたいものですね。