【サイト内検索】

看護師 転職 適齢期≪悩みや決め手の理由≫


看護師の仕事をしていると、勤め始めたその年から、
様々な理由のために“転職”という考えがつきまとうことも少なくないのではないでしょうか。

ですが、幸運にも職場の環境や同僚・上司に恵まれ、
継続してその職場で働き続けることができた方にとっては、
何か自身の環境の変化などのきっかけがない限りは、
その職場を変えようと思う事はないのではないかと思います。

そんな中で、もちろん定年まで一つの職場で働き続けることも
選択肢としてあるかとは思いますが、
中には今の環境よりさらにハイレベルな病院へのステップアップを望み始める方もいるでしょうし、
女性の場合は結婚・出産というライフイベントのきっかけでこれまでの勤務スタイル、
職場では継続して働くことが困難になることを悩み、
その末やむなく転職を決めるということもあることと思います。

そしていざ転職を決意すると、新たな希望の施設で面接を受けることとなるのですが、
看護師としての経験年数が極めて浅い時期では、
採用する側の病院にも「また続かないんじゃないか」と邪推してしまわれることも多く、
早い段階での転職は不利になってしまうということもまた事実であります。

一方、一つの病院である程度の経験を積んでからの転職となると、
採用する病院側も「十分なスキル・知識のある即戦力となり得る人材」と判断してくれ、
むしろ有利になり希望の職場に再就職しやすくなると考えられます。

また、結婚や子育てなどの節目がきっかけとなる場合でも、
今後のライフスタイルに合わせて選んだ職場なので、
長く勤めてくれるという印象を持ってもらうことができ、
採用されやすくなるのではないかと思います。

人生の節目とステップアップの時期

そこでこういった様々なきっかけを考察していると、
看護師の転職にはどうやら“適齢期”というものがあるような気がしてきます。

そしてその「看護師の転職の適齢期」とは、
どうやら「人生の節目・ステップアップを決める適齢期」と重なっているということが
分かるのではないかと思います。

転職を、自分の希望通りにスムーズに成功させるためには、
このような適齢期の判断を見誤らない事と、
職場を変えたいと思ったきっかけとその決め手を始めから
明確にしておくことがとても大切であると思います。

ステップアップが目的であるのなら、次の職場にはどういった条件を求めるのか。
結婚・出産がきっかけであるのなら、勤務形態や出産・育児に関連する待遇についてや、
保育施設や緊急時の周囲の理解の程度など、折角転職してまで環境を変えようとしているのですから、
1つでも希望通りの職場に変わりたいと思いますよね。

ですが、意外と自分一人ではそういった細かな情報まで集めにくい…。
そんなときは、看護師専用転職サイトを利用するのも一つの方法です。

集めたい情報をより多く、働いている間にプロの手で探してもらう。

現在の職場に何か物足りなさを感じているという方は、
“適齢期”と“決め手”と“情報量”が
その後の看護師人生の成功のカギを握っているのかもしれませんね。