【サイト内検索】

資格は必要なし?病院コンサルタントと看護師の転職


病院コンサルタントは、経営コンサルタントの中で病院に焦点を置いて活躍するコンサルタントのことです。
病院の経営や管理に関する課題を明らかにして具体的な解決策を提案、指導を行う役割を担っています。

また、開業への事業計画や資金計画などの支援や人材育成も行います。
営業状態を把握して問題点の指摘や原因分析、指導を行い経営状態の改善・向上を目指して経営に貢献していきます。

病院経営とマーケティング

病院の経営にはマーケティングに関する知識が必要不可欠です。
しかし、医師は医学の専門知識は豊富ですが、医療経営の知識を十分に兼ね備えている人ばかりではありません。
そんな時に、経営の専門知識を持った病院コンサルタントが必要になるのです。
病院コンサルタントのサポートを受けることは病院の質の向上に有効な手段になります。

具体的な役割は、客観的に現状を把握して業務内容や増益ができるコスト管理など無理や無駄があれば見直し、改善を行います。
医師や看護師などの医療従事者へのアドバイスや研修のサポートも行います。
会議などにも出席して、現状や改善の方法を伝えるなど職員全員で病院がより良い方向へ進んでいけるように取り組んでいきます。

また、開業に関しても開業する前の相談の段階から開業した後のサポートに至るまで必要に応じた支援を行うことで、安定した経営、そして進歩していけることを目指します。

患者にとって快適な環境作り

病院経営を成功させるために最も必要なことは、患者が安心・信頼して医療を受けることができる環境を整えることです。
経営の効率化だけではなく、患者にとって快適に受けることができる医療サービスの質が重視されます。
医療保険制度の改革や国が定めるガイドラインから計算される診療などの値段(診療報酬)の改定、医療費削減のための医療費適正化の推進など医療を取り巻く環境は日々変化しています。

これらの環境の変化は、病院の収入に影響を及ぼします。
しかし、そのような現状を理解して、常に患者が求める質の高い医療を提供できるように病院経営を続けていかなければいけません。
そして、病院に働く職員にとっても働きやすい環境作り、関連病院や施設、薬局など関係する機関との円滑な関係を維持することも大切な要因です。

転職の際には看護資格保有者が優遇される

病院コンサルタントになるための必要な国家資格制度はありません。
しかし、経営と経済の専門知識をしっかりと身に付けることが必要です。

また、日本医業経営コンサルタント協会や日本医院開業コンサルタント協会などの法人では認定資格を得ることができるので、必要に応じて受講することは能力の向上につながります。
病院のニーズは多様化しています。
専門知識とともに、柔軟に対応できる能力が求められています。

病院の職員の中で大多数を占める看護師は医療・看護についての深い専門性を有しています。
病院の現状を理解しており、業務改善などにも携わる機会が多いです。

そうした経験から病院コンサルトへ転職する看護師もおり、医療業界の経験者または専門知識を有している看護資格保有者を優遇する求人がたくさんあります。
また、医療業界は不況の影響を受けにくいため、多くの企業が医療業界への参入していることも常にたくさんの求人がある理由です。
求人先としては、コンサルティング会社、医療系投資会社、医療系事業会社、製薬会社などがあります。