【サイト内検索】

DMATの活動と看護師の役割


DMAT(Disaster Medicai Assistance Team)(ディーマット)とは、大規模災害や事故などが起こったとき現場に急行して、急性期(おおむね48時間以内)に医療救護活動ができる専門的な訓練を受けた医師・看護師・業務調整員で構成された医療チームのことです。厚生労働省による日本全域を範囲とする日本DMATと都道府県による周辺地域を範囲とする地方DMATがあります。

災害時における活動

1995年に起きた阪神・淡路大震災では、初期医療体制の遅れにより被害の拡大が起こりました。大災害が起きて一度に負傷者が大発生した時、医療機関や救護所に搬送されてきた者のみを対応するだけでは十分な救命処置を行うことができません。

行政や自衛隊、消防などの救護活動と同時に、災害発生急性期に現場で医師による救命医療の必要性と重要性が認識されました。そして、2004年に東京DMAT、2005年に日本DMATが結成、以後各道府県での配備が進んでいます。

災害の発生から48時間以内の急性期に各都道府県と厚生労働省からの要請を受けて、被災地へ行きます。そして現場の正確な医療情報の収集と伝達を行い、消防や警察と連携して救命処置や傷病者の治療の優先順を決めるトリアージなどの災害医療活動、重傷者を安全な場所に搬送して治療を行う広域医療搬送、病院支援や強化などを行います。現場医療を提供することで、災害時の多くの人命救助につなげることがDMATの担う役割です。

重要な看護師の役割

DMATにおける看護師の役割は、災害時の医療のニーズに対応した看護の視点を持った救護活動を行うことです。現場は災害規模や負傷者の数など厳しい状況下であり、時間の猶予は少しもありません。焦ることなく冷静に状況を把握して適切な判断のもと、迅速な対応を行います。処置を行う医師のサポートだけではなく、医師の指示がない場合であっても自立した積極的な活動が求められます。

また、負傷者に対する声かけなど精神的な援助も看護師の役割です。救護所に行けば、診療介助や応急処置の他に持病がある保健指導が必要な負傷者もいます。引き継ぐ保健師などへの報告も必要です。看護師は負傷者の救命活動と健康を維持するための心身ともの援助が求められます。

要請があればいつでも出動できるように、事前に医療資器材の準備や点検を行うことも重要な役割です。災害が起これば要請前からの情報収集や、要請があれば移動時も情報を敏感に受け取り、現場での活動をチームと思考します。また、医療知識を有した看護師は、本部や医師からの連絡や情報を伝達・調整を行う大切な役割も担います。記録は業務調整員が行いますが、必要時は看護師も記録します。また、医療チームが円滑に活動できるように、メンバーの健康や精神面のサポートも欠かせません。

隊員になるためには

DMATの隊員になるために必要な資格は、看護師免許以外ありません。しかし、DMAT災害拠点病院やDMAT指定の医療機関に所属していることが必要であり、ICUや救命救急で働いていた医学知識や看護技術の経験は大切です。病院から選抜されて必要な研修を受講後、試験に合格しなければいけません。合格後は5年間の有効期限があり、研修や訓練に参加して、更新を行うことができます。

災害現場は予測不可能なことが起こり、資源も限られた中での活動になるため、適切な判断力と柔軟な対応ができるよう、日頃から訓練や深い知識と高い技術の向上、そして丈夫な体力と強い精神力が必要です。